コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

大菩薩峠・第2部 (1958/)

[Drama]
製作総指揮玉木潤一郎 / 南里金春
製作大川博
監督内田吐夢
脚本猪俣勝人 / 柴英三郎
原作中里介山
撮影三木滋人
美術鈴木孝俊
音楽深井史郎
衣装三上剛
出演片岡千恵蔵 / 中村錦之助 / 東千代之介 / 月形龍之介 / 木暮実千代 / 長谷川裕見子 / 山形勲 / 加賀邦男 / 市川小太夫 / 里見浩太郎 / 片岡栄二郎 / 星美智子 / 丘さとみ / 植木基晴 / 浦里はるみ / 沢村貞子 / 阿部九州男 / 河野秋武 / 左卜全 / 岸井明 / 上田吉二郎 / 香川良介 / 楠本健二 / 尾上華丈 / 水野浩 / 赤木春恵
あらすじ紀州山中。「音なしの構え」で無敵を誇りながら邪剣の路に陥り、人を斬ることでしか虚無を癒せない机竜之助(片岡千恵蔵)は、天誅組の一員として追われ烽火で眼を焼かれてしまう。そんな竜之助を救ったお豊(長谷川裕見子)は、治療代を稼ぐために住み込んだ旅籠で、旗本神尾主膳(山形勲)の毒牙にかかり操を奪われ自害してしまう。知らせを聞いた竜之助は一人陸路を東へと向う。一方、竜之助を仇として追う兵馬(中村錦之助)とお松(丘さとみ)は海路清水港へと先回りするのだった。やがて、お豊を死に追いやった主膳と竜之助は数奇な運命のもと出会うことになる。(105分/カラー/シネマスコープ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4光を失い、いよよバケモノ染みていく龍之介。 [review] (ハイタカ)[投票(2)]
★4龍之介の狂気さは相変わらずだが、唄と三味線や古き時代の宿場など、情緒あふれる画面にただ見入るばかり。 (ばかてつ)[投票(1)]
★4クライマックスは星美智子の二度の謡でこれが神々しい。星に絡み続けるむ黒犬が印象強烈。 [review] (寒山拾得)[投票]
★4原作の込み入った筋を追いかけるのに忙しく、やや散漫に。しかし、陽の光の下で生きる人々と、ひとり闇をゆく竜之助の対比は鮮やかだ。悪縁の導くままに、鬼哭啾々の完結篇へ…。 ()[投票]
★4第一作のキャラクターがさらにパワーアップ。 「無明の闇に生きる化け物」という設定を片岡知恵蔵が見事に体現している。 クライマックスは、ラスト30分。内田吐夢監督の真骨頂を見せてくれた。 (トシ)[投票]
★3女優陣が地味なのを反省してか、木暮実千代起用はよかった。 前作で「筍遊び?」のみの出演だった山形勲も本領発揮。 [review] (TOMIMORI)[投票]
★3不自由になれば、その分凄みを増す。やっぱり千恵蔵は凄い! [review] (甘崎庵)[投票]
★3追われる龍之介(片岡千恵蔵)、追う兵馬(中村錦之助)とお松(丘さとみ)の構図が明確になり物語にアクションとしてのスピードが加わる。外界の光りから切り離され、心の闇と対峙しながら、その闇の中に潜む龍之介の存在が無気味。 (ぽんしゅう)[投票]
★3平行、垂直、ズームに回り込みと、三木滋人御大のカメラ、今回はちょっと動き過ぎのような・・・。次々に登場する(木暮以外の)東映女優達の見分けがつかないのも難。クライマックスの刀バサッ、水ジャバー、湯気モワーのシーンまで正直しんどかった。 (町田)[投票]
★3剣の業を体現する片岡「龍之介」に対して,若侍のバカ侍振りがイライラする。龍之介と対峙する存在としての善良さは解るが・・・。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★2第2部に入っても依然としてかったるい展開に苛々。どうしてこんな冗長でつまらない話が何度も映画化されてるのか、自分にはサッパリ理解不能。また、片岡千恵蔵にはこれっぽっちも魅力を感じないし、芝居がいちいち鼻につく。 (太陽と戦慄)[投票]
Ratings
5点1人*
4点5人*****
3点11人***********
2点2人**
1点0人
19人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
わたしの愛した丸顔女優たち (寒山拾得)[投票(6)]
Links
検索「大菩薩峠・第2部」[Google|Yahoo!(J)|goo]