コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

果てしなき欲望 (1958/)

製作大塚和
監督今村昌平
脚本今村昌平 / 鈴木敏郎
原作藤原審爾
撮影姫田真佐久
美術中村公彦
音楽黛敏郎
出演長門裕之 / 中原早苗 / 渡辺美佐子 / 西村晃 / 殿山泰司 / 小沢昭一 / 加藤武 / 高品格 / 芦田伸介
あらすじ戦後10年。ある町に五人の男女(殿山泰司渡辺美佐子ら)が集まった。そこにはかつて陸軍病院があり、終戦時に橋本中尉なる人物がモルヒネをドラム缶に詰めて埋め、縁のある人物と10年後に掘り出し、山分けにしようと誓い合ったのだ。今、それが埋められた位置には肉屋が建っている。五人は肉屋に程近い貸家を借り、不動産屋を始めつつ、裏では肉屋の地下へとトンネルを掘りはじめたのだった。だが、その行動半ばにして商店街は取り壊しになることが判明した。焦りは各々のエゴを倍加させた…。〔日活・シネスコ・モノクロ・101分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4俺はそんな馬鹿なことはしないという優越感が生む冷笑と、自分もそうかも知れないという不安感が生む苦笑い。生活背景を殆ど描かず、欲だけで念入りに磨かれた鏡のようなこの喜劇の登場人物たちに観客は自分の姿が移りこんでいるのを見てしかたなく笑うのだ。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4今村監督が「今平監督」と言われるようになった、記念すべき作品。ただし先に「鬼の」と付きますが。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★4丹念に描かれる小沢昭一は次第に異様な現実味を帯びていき、明快なマンガキャラの加藤武は記号的な悪の要素を一手に担う。この二人の描写に費やす時間と労力の差が、そのまま映画のテンポになる。安定感とはこういう所から生まれるんだと思った。 (のらぞんざい)[投票(1)]
★4圧迫感のある前半から物語が奔放に流れ出す後半へ。そのダイナミックな事。 こんなにも「女」を、現代的にリアルにセクシーに描く監督はなかなか居ない。 [review] (ボイス母)[投票(1)]
★4おっかなそうなジジイの長門裕之しか知らないだけに、本作のドラ息子役(若い!)はある意味衝撃的。 (もしもし)[投票]
★3全員ウマイ!特に渡辺美佐子の色気には圧巻。 (直人)[投票(1)]
★3長門裕之は得な役回りばかり。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3オープニングに代表されるサスペンスフルな演出と、長門裕之が担当するコメディパートのバランスの悪さは・・・なんて事を言ったら「今村昌平・重喜劇」を理解していない輩だと笑われるのでしょうか? [review] (sawa:38)[投票]
★3優柔不断な長門裕之の恋でむりやりオブラートにくるんではあるが、これは欲望のあまりオトナたちがお互いを潰しあうサバイバルドラマ。何も知らないということは可哀想だが幸福である。コメディだからって呑気には笑えない。 (水那岐)[投票]
★2演技はうまかった。 (あちこ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点10人**********
3点7人*******
2点1人*
1点1人*
20人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
日本映画の「楽天」的改革改善史 (ぽんしゅう)[投票(17)]地下<そこ>より永遠<とわ>に (死ぬまでシネマ)[投票(5)]
むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]ブルーリボン賞助演女優賞 受賞者一覧 (寒山)[投票(2)]
Links
検索「果てしなき欲望」[Google|Yahoo!(J)|goo]