コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

愛と死の記録 (1966/)

監督蔵原惟繕
脚本大橋喜一 / 小林吉男
撮影姫田真左久
美術大鶴泰弘
音楽黛敏郎
出演吉永小百合 / 渡哲也 / 芦川いづみ / 中尾彬 / 佐野浅夫 / 滝沢修 / 浜川智子 / 垂水悟郎 / 三崎千恵子 / 鏑木はるな / 漆沢政子
あらすじ印刷工の幸雄(渡哲也)は、友人の同僚・和江(吉永小百合)に割ったレコードの弁償をしたことから知り合い、またたく間に恋におち、結婚を考えさえする。だがバイクで遠出したときに、何故か和江を拒む幸雄。そして彼は作業中に目眩とともに倒れる。幸雄の上司・岩井(佐野浅夫)も和江に何故か幸雄を近づけさせない。実は幸雄の両親は被爆し、彼の体をも放射能は蝕んでいたのだ。和江は迷いながらも、幸雄とともに闘ってゆく道を選ぶ。〔日活/93分/モノクロ/ワイド〕 (水那岐)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5高校生時代に観ました。吉永小百合が渡哲也(原爆病)の恋人を演じています。白黒の厳しい画面で真面目に感動しました。小百合のベスト5に入るでしょう。 (セント)[投票]
★4愛と死をみつめて』の二番煎じのようなタイトルでこちらも吉永小百合主演の難病もの。しかし出来はこちらの方が上だと思う。中盤までの恋愛譚の蔵原惟繕らしい瑞々しい演出もいいし、渡哲也の不可解な行動によって映画の謎を形成していく構成も巧い。「300レントゲン」という台詞が忘れられない。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★4吉永にとっても、最も明朗な表情が可憐に見え、突然やって来る愛の嬉しさが全身で表現できた時代の一作。映画的には、手持ちカメラで追う街をゆく吉永の姿に、その心情の推移が写し撮られているように見え、また絶対的な原爆の非情さを表す仰角でのカメラも非常に効果的である。ただし、心情的にはこの佳作をそのまま受け入れたくはないこだわりが自分にはある。 [review] (水那岐)[投票(2)]
★4喜びにしろ、戸惑いにしろ、絶望にしろ、心の揺れをストレートに肉体の動きとして体現させる吉永小百合渡哲也が素晴らしい。これこそが、青春を視覚化するということだ。二人を見据えるような、或いは覗き込むような姫田真左久のキャメラも凄い。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4オープニングからの和やかテンポが急変する後半からの吉永小百合様の演技は絶品です!戦争と理屈に合わない原爆投下で生じた問題をしっかりと描いた映画です。 (ジャイアント白田)[投票]
★3台詞も背景音もない無音のロングショットが様々な効果をあげている。それは緊迫感であり絶望感であったりする。そして、その対称として激しい音楽が恐怖感を煽る。姫田真左久黛敏郎のふたりの仕事人の作品である。 [review] (sawa:38)[投票]
★3いわゆる「難病もの」。使い古された感あり。2回しか出てこない芦川いづみが強烈な印象。 (リーダー)[投票]
Ratings
5点3人***
4点4人****
3点6人******
2点0人
1点0人
13人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(7)]お涙頂戴?? 〜難病映画〜 (アルシュ)[投票(4)]
愛と**の** (Qブリック)[投票(4)] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
Links
検索「愛と死の記録」[Google|Yahoo!(J)|goo]