コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

夜行列車 (1959/ポーランド)

Pociag
Night Train

[Drama]
監督イエジー・カワレロウィッチ
脚本イエジー・ルトフスキー / イエジー・カワレロウィッチ
撮影ヤン・ラスコウスキー
音楽アンジェイ・トシャコフスキー
出演ルチーナ・ヴィンニツカ / レオン・ニエンチク / ズビグニエフ・チブルスキー
あらすじワルシャワ駅を出発しようとしている夜行列車。そこに一人の男──イエジー(レオン・ニエンチク)が急いで乗り込んできた。寝台車の個室に落ち着いた彼だが、手違いからこの個室を一人の女性とシェアする羽目になる。「この個室は男性専用のはずだ」「そうよ。男性から切符を買ったんですもの」「しかし君は女性だろ」「私なら構わないわ」…どことなく訳ありの様子の彼女──マルタ(ルチーナ・ウィンニッカ)とイエジーの奇妙な二人連れ、そして彼らに興味津々な他の乗客たちを乗せ、夜行列車は一路北へ向かう。[97分/モノクロ/スタンダード] [more] (Yasu)[投票(1)]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5冒頭からとても魅力的。他にも印象的な場面がたくさん。音楽も素晴らしい! [review] (味噌漬の味)[投票(1)]
★4幻想的なスキャットに乗って夜行列車は走る。全ての出来事はまるで一夜の夢のように儚げ。終着駅に着けばそこには日常が待っている。 [review] (マッツァ)[投票(2)]
★4なかなかよろしい。冒頭からカメラワークもみずみずしいし、今見ても充分夜行列車というグランドホテル形式の人間群像が際立つ。意外と娯楽的にも配慮してあり、飽きさせるところがない。ラストの男女の二人の心情も言葉でなく、表情、特に後姿で見せる。秀作。 (セント)[投票(1)]
★4謎めいた人物設定・展開と夜行列車独特の雰囲気がマッチしていましたね。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4誰もが乗りたくなる夜行列車。 [review] (neo_logic)[投票]
★4観てるだけで裏を考えてしまうのがポーランド映画の醍醐味ですな。こんな役でもチブルスキーは格好良く見えてしまうのが不思議。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4旅愁、というか、夜行列車愁。夜行列車特有のエッセンス。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票]
★3演出にいまいちメリハリがないのが惜しいが、観るものの安直な予想を裏切る展開は面白い。[フィルムセンター] (Yasu)[投票(1)]
★3登場人物各々がはっきりと描き分けられていて、楽しめる作品にはなったが、その分、主人公2人が薄くなったような気がする。一番印象に残ったのが、犯人逮捕の追跡シーンというのでは本末転倒ではないか。3.5点。 (KEI)[投票]
★2映画にするほどのストーリーか? (kenichi)[投票]
Ratings
5点2人**
4点9人*********
3点3人***
2点1人*
1点0人
15人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
世界の国の“地下室”からコンニチワ(ATG映画:洋画編) (リーダー)[投票(7)]監督とその妻−出会いあるいは最初の仕事 (ペペロンチーノ)[投票(7)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「夜行列車」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Night Train」[Google|Yahoo!]