コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ファーザー (2020/)

The Father

[Drama]
製作総指揮ローレン・ダーク / オリー・マッデン / ダニエル・バトセク / ティム・ハスラム / ヒューゴ・グランバー / ポール・グラインディ
製作フィリップ・カルカソンヌ / デヴィッド・パーフィット / ジャン・ルイ・リヴィ / クリストフ・スパドーヌ / サイモン・フレンド
監督フロリアン・ゼレール
脚本クリストファー・ハンプトン / フロリアン・ゼレール
原作フロリアン・ゼレール
撮影ベン・スミサード
美術ピーター・フランシス
音楽ルドヴィコ・エイナウディ
衣装アンナ・ロビンズ
出演アンソニー・ホプキンス / オリヴィア・コールマン / マーク・ゲイティス / ルーファス・シーウェル / イモージェン・プーツ / オリビア・ウィリアムズ
あらすじロンドンで一人暮らしをしていたアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、80歳を過ぎて認知症の症状が現れ始めた。近所に住みながら世話をしていた長女のアンは、ひとりでは対処できなくなり付き添いの介護人を雇うが、プライドの高い父は拒否して追い返してしまう。時間、場所、記憶が混乱するアンソニーの目には、アンとその夫の存在、海外で暮らす画家の次女ルーシー、ようやく心を許した若い介護人ローラ(イモージェン・プーツ)たちの言動が錯綜し、やがて、もうひとつの「現実」のなかに現実が埋没し消滅していくのだった。監督は原作戯曲も手掛けたフロリアン・ゼレール。アンソニー・ホプキンスがアカデミー主演男優賞受賞。(97分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5映像を撮って編集する(CGなどいらない)。それだけでここまでのことができるということを改めて思い出させてくれた一本。傑作。 (ツベルクリン)[投票(1)]
★4ホプキンス老人は腕時計と家(作中でフラットと称される)に執着する。「いま」「どこ」にいるのかが、自分とこの世をつなぐ最後の“拠りどころ”なのだ。思えば映画はこの世で唯一「時間と場所」を操ることができる魔手だ。だからこんな恐ろしいことが出来るのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4おかしいと思う自分がおかしいと気付くことは永遠にないのだということを、愉しいこと悲しいこと怖いこと腹立つことの記憶の断片が混じり合い顕現する様で紐解く。ニューロティックな作劇を昇華させるコールマンの静かな哀しみとホプキンスの無垢。 (けにろん)[投票(2)]
★4ファーストシーンを眺めていて、なんと凡庸な演出の映画なのだろうと思ってしまったのだが…それも束の間、不条理が急展開していく世界に目が離せなくなる。まるで『マルホランド・ドライブ』。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★4映画の虚実、真実性についての映画。アンソニー・ホプキンスの認知の錯綜が、映画として、とても良い加減(いい塩梅)なのだ。錯綜は、人物、その発言、物(美術)、場所、時間などで発生する。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★4ずっと続く不穏な感じがたまらない。当事者視点の映像化がすごかった。 (ぱーこ)[投票]
★4役名もアンソニーの、アンソニー・ホプキンスと一緒に観ている者も混乱する映画。アンソニーの役者生命も、もう終わりだと本気で思いたくなるほどの演技に涙を誘われる。 (もがみがわ)[投票]
★3怖い怖い。DHAとか飲まないと。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
Ratings
5点3人***
4点8人********
3点2人**
2点0人
1点0人
13人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ファーザー」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Father」[Google|Yahoo!]