コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

異端の鳥 (2018/チェコスロバキアウクライナ)

NABARVENÉ PTÁČE
The Painted Bird

[Drama/War]
製作ヴァーツラフ・マルホウル / アレクサンドル・クシャエフ
監督ヴァーツラフ・マルホウル
脚本ヴァーツラフ・マルホウル
原作イェジ・コシンスキー
撮影ウラディミール・スムトニー
美術ヤン・ヴラサーク
衣装ヘレナ・ロヴナ
特撮マルティン・クルハネク
出演ペトル・コラール / ニーナ・シュネヴィッチ / アラ・ソコロワ / ウド・キアー / ミカエラ・ドレサロバ / ズデニェク・ペチャ / レフ・ディブリク / イトカ・チュヴァンチャロヴァー / ステラン・スカルスゴール / ハーヴェイ・カイテル / ジュリアン・サンズ / ジュリア・バレントバ・ビドルナコバ / アレクセイ・クラフチェンコ / バリー・ペッパー / ペトゥル・ヴァネク
あらすじ戦争時の東欧。少年(ペトル・コラール)はユダヤの血を受け継ぐゆえの危険を逃れ、老婆マルタ(ニーナ・シュネヴィッチ)の住む家に疎開したが、彼女の急死と家の全焼により放浪を余儀なくされた。誤解ゆえの迫害を逃れ、呪術師オルガ(アラ・ソコロワ)の助手を経て粉屋ミレル(ウド・キアー)の家に厄介になった少年だったが、同居する若い男と娘との恋愛を疎み、男の目玉をえぐり取る狂気を見せたミレルに恐れおののき、少年は別の地の小鳥屋レッフ(レフ・ディブリク)の家に身をよせる。レッフが戯れに色を塗った鳥は、群れに戻ろうとして仲間に異分子として攻撃され、墜落する。その姿は少年のようであった…彼の更なる旅は続く。〔169分〕 (水那岐)[投票(1)]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4沢山の動物が出て来る映画だが、その多くは殺されるためにある。イタチ、ウマ、トリ、ヤギ、ヒト。ネコとネズミは殺されない。また、窓、ガラス、ビンは、割られるためにある。そんな映画。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4異質な存在を排除し、される。しかし生きるために食う。快楽を貪る。ほんの少しの安らぎを求める。そのためだけに次の場所を求める。人間の本性はそれだけのことかもしれない。 [review] (jollyjoker)[投票(1)]
★4一人の人間が生きぬくということは、かくも大変であるのだ。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★3人間と同等の存在感で描かれる動物たちに仮託されたのは、生きもの正直さであり、弱さであり、獰猛さという生命の本質のありようだろうか。映像の強度の割りには“引っ掛からない”のは、文学(文字)が映像にまで消化しきれていないからでは、という印象が残った。 (ぽんしゅう)[投票]
★3なるほど、人種差別の愚を描いてここまで胸に迫る作品もそうはない。つぎつぎに通り過ぎる事件は惨たらしく、凄惨で物悲しい。英題を象徴する鳥の運命の物語は涙をさそう。だがこの中庸の点をつけざるを得ないのだ。つまりは [review] (水那岐)[投票]
Ratings
5点1人*
4点5人*****
3点3人***
2点0人
1点0人
9人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「異端の鳥」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Painted Bird」[Google|Yahoo!]