コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

人生の乞食 (1928/)

Beggars of Life

[Drama/Adventure]
製作ジェシー・L・ラスキー / アドルフ・ズーカー
監督ウィリアム・A・ウェルマン
脚本ベンジャミン・グレイザー
原作ジム・タリー
撮影ヘンリー・W・ジェラード
出演ウォーレス・ビアリー / ルイーズ・ブルックス / リチャード・アーレン / エドガー・ブルー・ワシントン / マイク・ドンリン / ロスコー・カーンズ / グイン・ウィリアムズ
あらすじ養父から虐待を受けていた若い娘ナンシー(ルイズ・ブルックス)は耐え切れず父を殺害してしまう。事情を知った旅の途中の青年ジム(リチャード・アーレン)は、ナンシーに男の服装をさせ兄弟をよそおい逃亡を手伝うことに。無一文の二人は貨物列車に飛び乗りあてのない旅に。たどり着いた先で、無賃乗車で移動する浮浪者(ホーボー)たちの集団に紛れ込もうとするが、ナンシーが女だとばれて目を付けられてしまう。そんななか、荒くれ者の浮浪者レッド(ウォーレス・ビアリー)が、ナンシーを力ずくで自分の女にすると言い出し仲間割れが始まってしまう。そのころ、警察の追手はすぐそこにせまっていた。(サイレント/83分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5流石はウェルマン。彼のサイレント期の代表作と云うべき素晴らしさだが、特にオープニングと前半がいい。もう、音さえ入れれば、そのまゝ発声映画になるのではないか、と思われるぐらい洗練されている。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★4少し説教臭い部分もあるが、私が観たウェルマンでは『廃墟の群盗』に次ぐ傑作。 [review] (赤い戦車)[投票(2)]
★4男装のルイーズ・ブルックス(『港々に女あり』のあの小悪魔!)が可愛い。藁山の一夜のチャーミングなこと。不幸からの脱出。出会いと放浪。権力と無力。周囲の烏合化。愛の力と改心。と、目前に迫ったハリウッド黄金期のラブ&アクションの“定番化”の予感。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点1人*
2点0人
1点0人
4人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「人生の乞食」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Beggars of Life」[Google|Yahoo!]