コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

37セカンズ (2019/)

37 Seconds

[Drama]
製作総指揮住友大祐 / 山形龍司 / 中瀬古優一
製作山口晋 / HIKARI
監督HIKARI
脚本HIKARI
撮影江崎朋生 / スティーヴン・ブレイハット
美術宇山隆之
音楽アスカ・マツミヤ
衣装望月恵
出演佳山明 / 神野三鈴 / 大東俊介 / 渡辺真起子 / 熊篠慶彦 / 萩原みのり / 宇野祥平 / 芋生悠 / 渋川清彦 / 奥野瑛太 / 石橋静河 / 板谷由夏
あらすじ23歳のユマ(佳山明)は生まれてくるときに呼吸が37秒間停止したために障害が残った。車椅子が必要な彼女を、シングルマザーの母(神野三鈴)は責任を感じてか過剰にかまい管理下に置こうとする。漫画家を目指すユマは、今は幼なじみの親友で人気漫画家(萩原みのり)のゴーストライターに甘んじている。家庭的にも社会的にも満足しきれないユマは、自立したい一心でアダルト漫画の編集部に作品を売り込みに行くのだった。主演の佳山は実際に脳性麻痺で俳優未経験者。米国で映画を学びこれが初長編作となるHIKARI監督によってオーディションで選ばれた。ベルリン映画祭でパノラマ部門観客賞と国際アートシアター連盟賞受賞。(115分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4主人公のユマ・佳山明の、化粧する顔の接写から始まる。これはフラッシュ・フォワードだ。続いて、帰宅中のユマと駅で待つお母さん・神野三鈴との待ち合わせ。ユマがこゝで第一声を発するが、あゝいい声!と思う。彼女の声と口調は何と云っても、本作のチャームポイントだ。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4障害者は「不便」だが「不自由」ではないと乙武洋匡は自著「五体不満足」で書いていた。不便は社会的な仕組みや設備の改善によって「便利」に置き換わるが、我が身にふりかかる不自由を解消するためには自らが主体となって「自由」を獲得しなければならない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4障がい者の性欲という際どい課題は仕事を通じたアイデンティティの確立や母親の庇護からの脱却とリンクされる。その物語方便の虚構は佳山明の実存の圧倒の前で気にならない。しかし、それらが放逐され俄に舵を切った自分探しは少なからず形骸的で惜しい。 (けにろん)[投票(1)]
★4あえて心の内を晒してみようと思う。それだけインパクトのある映画だったから。 [review] (K-Flex)[投票]
★3何度となくユマは寝床で目覚めて、自分の身を起こす。自分の身を起こすというアクションの為の目覚めなのか。女性達が体で表し、顔で伝える。車椅子は聖なる弱者の玉座ではなく、活ける実存の器となる。なけなしの具体性で現実と渡り合ってこその映画、そして物語。ならばこそ、遡行の旅程はより具体的な人生を賭した独力の冒険であるべきではなかったか。〔3.5〕 (ハイタカ)[投票(1)]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点1人*
2点0人
1点1人*
6人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
秒、分、時、日、週、月、年…めぐりあう時間たち (緑雨)[投票(11)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「37セカンズ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「37 Seconds」[Google|Yahoo!]