コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ひとよ (2019/)

[Drama/Family]
製作総指揮佐藤直樹
製作新井重人 / 千葉伸大 / 加太孝明
監督白石和彌
脚本高橋泉
原作桑原裕子
撮影鍋島淳裕
美術今村力
音楽大間々昂
衣装宮本まさ江
出演佐藤健 / 鈴木亮平 / 松岡茉優 / 音尾琢真 / 筒井真理子 / 浅利陽介 / 韓英恵 / MEGUMI / 大悟 / 佐々木蔵之介 / 田中裕子
あらすじタクシー会社を営む一族にあって、事ある毎に子供らを虐待し恥じることもなかった亭主を、その妻であるこはる(田中裕子)は殺害した。彼女はこれからは自由に生きろ、と3人の子らに言い残し、自身は警察にその身を委ねたのだった。そして15年の年月は流れ、刑期を終えたこはるは古巣のタクシー会社に戻ってくる。長男で妻子との関係を悪化させている大樹(鈴木亮平)や、比較的母を信ずる長女・園子(松岡茉優)は突然の帰宅に戸惑い、真意を掴めない彼女にたじろぐのだった。そして雑誌記者を務めるシニカルな次男・雄二(佐藤健)も戻る。彼は先の事件につき批判的な記事を自ら記した男だった。〔122分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5境界線上で落ちかけている兄妹3人が母の帰還を契機に踏み止まる物語で、取り巻く人々や環境描写は乾いた善意を内包する。徒らに絆なる言葉を標榜する時代を俺は嫌悪するが、4人の役者が関係性の行間まで読み切り醸成する空気にはそれがあったように思える。 (けにろん)[投票(1)]
★4さながら地蔵菩薩のような、母親の無思慮で愚かしいが分け隔てなく子供に降り注ぐ無償の愛情。「女性的性格」などという時代錯誤な言い方を敢えてすれば、彼女が子を脅かす夫を殺害したことに悔恨など残らない存在であることは、彼女が母親である以上当然のことだった。 [review] (水那岐)[投票(1)]
★42時間を超える作品だけど、あの一つのテーマだけで最後まで持って行かせる演出力は大したもの。それには俳優陣の演技力に負うところも多いけれど、、 [review] (セント)[投票]
★3役者★4 話★3 見せ方★3 中途半端な感じがする。 [review] (ぱーこ)[投票]
★3大小様々な罪が交錯するけれど、俺にとって一番罪深く見えるのはやっぱりお母さんだな。 [review] (K-Flex)[投票]
★2アヴァンタイトルで事件の夜から入るのはいい。このまゝ回想無しで、時系列に繋いでくれたら良いのだが、と思いながら見たが、やっぱり度々回想が用いられる。 [review] (ゑぎ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点3人***
3点4人****
2点1人*
1点0人
9人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「ひとよ」[Google|Yahoo!(J)|goo]