コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

火口のふたり (2019/)

[Drama/Romance]
製作総指揮岡本東郎 / 森重晃
製作瀬井哲也 / 小西啓介 / 梅川治男 / 田辺隆史 / 行実良
監督荒井晴彦
脚本荒井晴彦
原作白石一文
撮影川上皓市
音楽下田逸郎
衣装小川久美子
出演柄本佑 / 瀧内公美
あらすじ東京で失業中の賢治(柄本佑)は、一時期、兄妹のように暮らしていた従妹の直子(瀧内公美)が結婚すると知らされ帰省する。その賢治のもとに、結婚式を10日後に控えた直子が突然あらわれた。新婚家庭用の買い物に付き合って欲しいという彼女の言うままに新居へ向かう。実は二人は20代の初め、東京で恋人同士として激しく互いを求め合った仲だった。そんな直子が、今夜だけ、あの日に戻りたいと賢司に誘いをかける。真新しいベッドで激しく燃える直子と賢司。それからの5日間、婚約者が出張から戻るまで、二人は理性を失ったように互いの“体の言いぶん”に素直に従ってひたすらセックスに没頭していく。荒井晴彦が脚本・監督。(115分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ああ、いいセックスをしているなあ。そんな無我の快感が二人から伝わってくる。人が理性のしがらみを圧殺し、倫理を捨て去っても許される唯一の時間がちゃんと写っている。R18ではもったいない。ロマンポルノの呪縛から解放された、とても真摯で正直な肉欲映画。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★5不義に対し自制する2人の細やかな心理駆け引きと抑圧されたオーガズムへの衝動が堰を切って炸裂する納得のダイナミズム。過去の挿話の断片が現在を侵食するロマンティシズムも泣けるのだが情緒は抑制。衒いなく正確なSEX表現が粉飾の時代に屹立している。 (けにろん)[投票(2)]
★4柄本佑は飄々とした振舞いの内に暴力や自壊の危うさを漂わせて適材。堂々とした瀧内公美も佳い。堂々とは、脱衣を含む演じぶりが、という以前に骨格が、である。やはり(役柄に依存し、撮り方にも大きく左右されるのは当然にせよ)画面に君臨すべき主演女優にはある程度以上のサイズが伴っていてほしい。 [review] (3819695)[投票(2)]
★4この映画、切り返しが少ない。実は、前半は切り返しをあまり意識せずに見ていたので、はっきりしないのだが、柄本佑瀧内公美の二人しか出ない映画であるにも関わらず、少なくも、ラーメン屋のシーンあたりから、会話シーン等で切り返さない。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
Ratings
5点3人***
4点2人**
3点0人
2点0人
1点0人
5人平均 ★4.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「火口のふたり」[Google|Yahoo!(J)|goo]