コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

新聞記者 (2019/)

[Drama]
製作総指揮河村光庸 / 岡本東郎
製作河村光庸 / 高石明彦 / 行実良 / 飯田雅裕 / 石山成人
監督藤井道人
脚本詩森ろば / 高石明彦 / 藤井道人
原案望月衣塑子
撮影今村圭佑
美術津留啓亮
音楽岩代太郎
衣装宮本まさ江
出演シム・ウンギョン / 松坂桃李 / 本田翼 / 岡山天音 / 郭智博 / 長田成哉 / 宮野陽名 / 高橋努 / 西田尚美 / 高橋和也 / 北村有起哉 / 田中哲司
あらすじ政権を維持するために情報を操作し秘密裏にメディアに流すこと。それが、外務省から内閣情報調査室へ出向している杉原(松坂桃李)に与えられた国家公務員としての仕事だった。葛藤を覚えながらも上司の多田(田中哲司)に命じられるままに強引な情報を“作る”ことに専念していた。そんなおり、杉原が尊敬する外務省時代の上司・神崎(高橋和也)が自ら命を絶ってしまった。同じころ東都新聞の社会部記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、何者かによって送られてきた「医療系大学院大学」新設に関する極秘文書の裏をとるよう、上司の陣野(北村有起哉)に指示される。東京新聞の望月衣塑子記者の著書に着想を得た政治サスペンス。(113分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4私もときどきデモに参加するのだが、内閣情報調査室には私の顔写真も保管されているのだろうか。撮るよと教えてくれたらサムアップのポーズぐらいしたんだが。 [review] (寒山)[投票(4)]
★4時の政権下で起きた生々しい出来事を巧みにとり入れた、良くできたポリティカルサスペンス。最終盤での不安と緊張感を感じさせるシーンには見応えがあった。また 松坂桃李は好演している。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★3サスペンスドラマとしては起伏のない凡庸な作品だった。権力による「あったものを無かった事に」(揉み消し)「無いことあった事に」(捏造)これを実際の事件に照らし合わせストレートに描いているが、こっちとしては既に知っている事ばかりだったし、何かプラスαを観たかった。 [review] (クワドラAS)[投票(2)]
★3このレベルで映画として「よくやった」と称賛するのは個人的には躊躇する。「もっとやらんかい!」と言っておきたい。 [review] (Master)[投票(1)]
★3内閣情報操作室。☆3.7点。[Reviewでは情報と日本という点で妄想をアレコレ] [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★2脚本が浅い。これじゃ性善説にすがるお人好しの新聞記者の話しにみえます。サスペンスを生む仕掛けなど皆無で、今さら全国民が知っている話しをならべて問題を提起したり告発したつもりになられても困る。望月衣塑子さんは断固、抗議すべきじゃないですか。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★2モリカケ問題には詳しくはないが、少なくともこの映画で描かれた真実については信用できないとしかいいようがない。ついでに主人公を演じる韓国人女優さんの演技のひどさにも失笑。 [review] (がちお)[投票]
Ratings
5点0人
4点5人*****
3点4人****
2点2人**
1点0人
11人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
記者 (死ぬまでシネマ)[投票]
Links
検索「新聞記者」[Google|Yahoo!(J)|goo]