コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

この道 (2019/)

[Drama]
製作間瀬泰宏
監督佐々部清
脚本坂口理子
音楽和田薫
出演大森南朋 / AKIRA / 貫地谷しほり / 松本若菜 / 小島藤子 / 由紀さおり / 安田祥子 / 津田寛治 / 升毅 / 柳沢慎吾 / 羽田美智子 / 松重豊 / 近藤フク / 佐々木一平 / 稲葉友 / 伊崎充則
あらすじ昭和27年(1952)、北原白秋没後十周年記念コンサートが指揮山田耕筰で開かれた。終了後記者(小島藤子)の問いに、山田(EXILEのAKIRA)は友だった白秋(大森南朋)のことを話始める。―明治43年(1910)白秋は隣家の奥さん俊子(松本若菜)と深い仲になっていた。雨が降っている。膝枕で白秋、「雨の音はぴちぴち、ちゃぷちゃぷと聞こえる(これが後に童謡‘雨降り’になる)」。俊子「あなたって、大人のような子供のような人ね」。翌年、白秋は詩集‘思ひ出’を出版。その記念会で、歌壇の重鎮与謝野鉄幹(松重豊)から「彼の詩はリズムがあり躍動感がある。生きている。」と絶賛される。男泣きに泣く白秋だった。(まだまだ続きます) [more] (KEI)[投票(1)]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3北原白秋ってこういう人だったんだ―とよく分かった。やはり、一種の天才という印象だ。唯、その紹介だけに終わった感じがする。ホンとして、各挿話にもう少し突っ込みがあってもよかった、と思う。3.5点 (KEI)[投票]
★3もはや過去の人となりうる白秋の伝記映画だ。タッチも悪くなし、じっくりと日本の古き時代を映像で追う。でも映像の奥底から見え隠れするはずの切実なるテーマが見えてこない。佐々部は全く吠えない。爪を隠すな!血のりをどっと出せよ。いい子が描いた昭和前史のよう、、。 (セント)[投票]
Ratings
5点0人
4点0人
3点4人****
2点0人
1点0人
4人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「この道」[Google|Yahoo!(J)|goo]