コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

狂った果実 (1956/)

Juvenile Jungle

[Drama]
製作水の江滝子
監督中平康
脚本石原慎太郎
原作石原慎太郎
撮影峰重義
美術松山崇
音楽佐藤勝
出演石原裕次郎 / 津川雅彦 / 北原三枝 / 岡田真澄 / 芦田伸介 / ハロルド・コンウェイ / 東谷暎子 / 藤代鮎子 / 深見泰三 / 加茂嘉久 / 紅沢葉子 / 近藤宏 / 山田禅二 / 原恵子
あらすじ夏久(石原裕次郎)と春次(津川雅彦)の兄弟は駅で絶世の美女恵梨(北原三枝)と知り合う。春次の一目ぼれを見抜いた兄の夏久は色々と二人の世話を焼き見事カップルが誕生する。しかし恵梨は春次には言えないある重大な秘密を持っていたのだった。 (torinoshield)[投票]
Comments
全31 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5マイ・フェイバリット映画。どうせ観るならクソ暑い夏、エアコンなんか付けません。そして僕もこの映画のドロドロした熱〜い世界に入っていくんです。石原裕次郎の連中にからまれないように、そぉーっと北原三枝を遠くで眺めながら・・・ [review] (ギスジ)[投票(2)]
★5当時ココナッツ・ウクレレが若者の間で流行していたのは本当なのかな?若者象徴の輝きを余す事無く抑えた素晴らしい映画・・・フランス人、お目が高いですね。「勝手にしやがれ」「大人は判ってくれない」にこの映画は生きているのだから。 (かっきー)[投票]
★4鮫の如くヨットの周りを徘徊するモーターボート。そこから巻き起こる怒涛のカット割り!!中平康の映像センスが素人俳優達をスターへと導いた。ウェイターに外国語で話しかけられた岡田真澄が「焼酎ある?」と尋ねる台詞がオモロ。 [review] (AONI)[投票(8)]
★4異様な表情をした津川雅彦がモーターボートでこちらへ向かってくるタイトルバックから画面に惹きつけられる。津川と北原三枝が付き合い始めてからの話の運びは少々退屈だが... [review] (ゑぎ)[投票(6)]
★4手足の動きひとつで魅せる北原の性、早口な台詞回しと対照的な裕次郎の歌声、迫りくる津川の眼、岡田の格好よさ、そして何といってもラストの過激さ、そのカット割。何でもない物語をここまで見せる中平康の、これは立派な演出の映画だ。 [review] (ナム太郎)[投票(1)]
★4どいつもこいつもデビュー作で素人っぽいところが良いです。この映画の主な出演者の中で唯一北原三枝だけがベテラン(若いけどね)。でも新鮮ですね。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★4みずみずしいのか、素人っぽいのか分からない芝居も、中平康のお洒落さで見事に統制。 (ALPACA)[投票(1)]
★4みずみずしい彼らの青春。俺の青春ではない。 (tikitiki)[投票(1)]
★4この時代の役者はみな早口でセリフも棒読みで何を言っているのかよくわからない。でも、衝撃的な展開と桟橋に置き去りにされたトランヂスタラジオに何となく古い映画なりの良さも感じた。 [review] (IN4MATION)[投票]
★3寝転ぶ若い二人の足元だけを撮り、その足のもじもじ具合で発情を表現していたのが素晴らしい。 [review] (づん)[投票(2)]
★3これを格好いいと考えた世代(?)がいると思うと理解に苦しむ。良心的に見れば当時の「若さ」が感じられない事もないが、もっと意地悪な目で見ると原作者(脚本)の人間性が見えてきて不愉快になる。 (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★3うちの両親世代の映画。両親との生活に対する価値観の違いを時折感じたものだがコレね [review] (torinoshield)[投票(2)]
★3石原裕次郎に全く魅力を感じない現代っ子としては、ボートを走らせる長門裕之に似た津川雅彦の若さだけが強烈印象に残るだけの作品。さらに特別出演で石原慎太郎が出ているのだけれど「だから何?」レベルを超えていない。 (ジャイアント白田)[投票(2)]
★3うちよせる波、ギラつく水面、軽口を叩き合う若者達、通奏低音としてのジャズ、見る間に艶かしくなっていく北原三枝と青臭さをそのままに生きる津川雅彦、モーターボート、その逡巡と暴発。のっぴきならない夏の空気が全編に横たわる。〔3.5〕 (ハイタカ)[投票(1)]
★3けっこう堅実な作品ではないか。たとえば石原裕次郎が初めて北原三枝に迫る場面、クロースアップされた石原の顔面がミラーボールの光によって明滅する。沈黙とは裏腹のふたりの激しい情動は、バックで鳴るけたたましいジャズに重ねられている。いささか安直かもしれないが、ツボを押さえた演出だ。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3そんなに悔しいかい?弟よ。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
★3ワンショト単位で見れば面白いのだが、つなげて見ればズタズタで汚らしいのはゴダールやトリュフォーと同じ。でも、なんとなく許せるのは、若い男たちの腑抜け顔や、女たちの太く短い足に表出する「純日本製」印にDNA的根源さの安堵と共感を得ているからだろう。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3主演2人を差し置いて悪いが、北原三枝と岡田真澄のセクシーさに尽きる。なぜこの世代の人間はこんなに色っぽいのか。昔の映画はこれだから止められない。 70/100 (たろ)[投票]
★3仕方のない事だが、モノクロなのが残念。 (_da_na_)[投票]
★2オープニングのただならぬ雰囲気は5分と持たず、兄弟二人で女を獲り合うドロ臭い 情念話が展開するのでした。 極端に言うと、最初と最後だけ見れば十分ではないかと。 (たかやまひろふみ)[投票(2)]
★2頑張っている箇所がすべて、鼻持ちならない気障な演出に感じられて苛々するが、この外連味の延長線上に『砂の上の植物群』を作ってくれたので許す。助監督として蔵原惟繕の名が登場したことにも納得感。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★2ラストは衝撃的だけど、取り立ててどうって事無い作品。石原裕次郎北原三枝がカワイイのと、津川雅彦の執念深い蛇の様な目が印象的。['04.5.7京都文化博物館] (直人)[投票(1)]
Ratings
5点7人*******
4点25人*************************
3点33人*********************************
2点8人********
1点0人
73人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山拾得)[投票(10)]カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「狂った果実」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Juvenile Jungle」[Google|Yahoo!]