コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

今日 (2012/)

Tey
Aujourd'hui

[Drama]
製作ジル・サンドーズ
監督アラン・ゴミス
脚本アラン・ゴミス / ディウフ・ムベング
撮影クリステル・フルニエ
音楽ヴィヴィアン・キペール
衣装サリマラ・ンジャイ
出演ソール・ウィリアムズ / アイサ・マイガ / アニシア・ユゼイマン / ディウフ・ムベング
あらすじおめでとう、サッチェ!次に死ぬのは君の番に決まったよ!拍手喝采のもと、故郷の人々に暖かく送り出された男は、生前最後の日を、生まれ育った街のあちこちを再訪したり、自分の人生で重要な役割を演じた面々を尋ねたりして過ごすことにする。幼少の頃から秀才の誉れ高く、親族の出資で米国留学を果たしたサッチェは、自分に対する人々の意見が一枚岩でないことに気づかされる。親戚たちは彼のよそよそしい態度を責め、元カノは彼の行儀のよさを嘲笑う。そして、なぜ、自分が選ばれたのか納得のいかないサッチェに対して、叔父は人知を超えた神の意志を説くのだった。最後に彼は長らく音沙汰がなかった妻と幼い子供のもとに立ち寄り、ささやかながらも、和解の歩み寄りを試みる (濡れ鼠)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4S・ジャクソン(「籤」)とチュツオーラが密林に篭って七昼夜まぐわり続けたら、こんな異形の姿をした嬰児が呱々の声をあげるのではと思わせる異様な祝祭の雰囲気。西欧化した2世が祖国へ戻ってきたときに覚える眩暈のようなもの。その圧倒的な光のざわめきと大地の脈動の交響が画面の隅々まで振幅させる。自らの象徴的な死を前にした男が思い出深い場所を憑かれたように逍遙する構成は「死者の書」に似た煉獄巡りの心象によるものだ [review] (濡れ鼠)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点0人
2点0人
1点0人
1人平均 ★4.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「今日」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Aujourd'hui」[Google|Yahoo!]