コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ビューティフル・デイ (2017/)

You Were Never Really Here

[Drama/Crime]
製作総指揮ジョナサン・エイムズ / ベン・ロバーツ / リジー・フランク
製作パスカル・コーシュトゥー / ローザ・アッタブ / リン・ラムジー
監督リン・ラムジー
脚本リン・ラムジー
原作ジョナサン・エイムズ
撮影トムイ・タウネンド
美術ティム・グライムズ
音楽ジョニー・グリーンウッド
衣装マウゴシャ・トゥルジャンスカ
出演ホアキン・フェニックス / ジュディス・ロバーツ / エカテリーナ・サムソノフ / ジョン・ドーマン / アレックス・マネット / ダンテ・ペレイラ・オルソン / アレッサンドロ・ニヴォラ
あらすじ戦争でトラウマを負ったジョー(ホアキン・フェニックス)は失踪少女の捜索請負稼業で日々を過ごしていた。母(ジュディス・ロバーツ)と2人暮らしの彼は世間との接触を断ち仲介役のエンジェル(フランク・パンド)とのみ連絡をとる。そんなある日、上院議員ヴォット(アレックス・マネット)から娘ニーナ(エカテリーナ・サムソノフ)の捜索依頼がくる。捜索を開始したジョーはほどなく少女買春組織で彼女が働いていることを突き止める。例によってホームセンターで購入したハンマーを手に彼は売春宿に潜入するのだが…。2017年カンヌ国際映画祭、男優賞・脚本賞受賞のリン・ラムジー6年ぶりの監督作。 (けにろん)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4幼児性愛者を撲殺する稼業の救い無さと病んだ母との生活の救われなさが過去のトラウマも混じえホアキン・フェニックスの贅肉に瘧のように沈殿する。その連鎖を自身で断ち切ることはできないが、暗殺者や拉致少女が頸木を解くだろう。仄かな希望が切ない。 (けにろん)[投票(1)]
★4感覚的に入ってゆく傾向の強い僕としては、好きな映画かなと思いました。でも、これが女性監督だとは、ねえ。すべてにおいて過剰な作りです。中でもホアキンそのものが過剰で、どんどん膨らんでゆきます。 [review] (セント)[投票(1)]
★3映像はシャープでホアキン・フェニックスの存在感はあるが、トラウマを抱え、それを隠すために自分を内に閉じ込めているジョーの雰囲気を出したいがための過剰な演出。リン・ラムジー6年ぶりの新作としても少々奇をてらい過ぎか。 (jollyjoker)[投票]
Ratings
5点0人
4点5人*****
3点2人**
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ビューティフル・デイ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「You Were Never Really Here」[Google|Yahoo!]