コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

肉体の門 (1964/)

[Drama]
監督鈴木清順
脚本棚田吾郎
原作田村泰次郎
撮影峰重義
美術木村威夫
音楽山本直純
出演宍戸錠 / 野川由美子 / 和田浩治 / 河西郁子 / 石井富子 / 松尾嘉代 / 富永美沙子 / 玉川伊佐男 / 野呂圭介 / チコ・ローランド / 江角英明 / 長弘
あらすじ戦火で兄を亡くし往く当てを失ったマキ(野川)は、小政のおせん(河西)が取り仕切る街娼のグループに仲間入りする。彼女らは厳しい縄張り争いに勝ち抜くために強く結束し、「ただで男の寝ない」という掟を定めていた。この掟を破ったものは如何なる理由があろうとも容赦無くリンチされた上、ドブ川に投げ捨てられるのであった。マキがボルネオ・マキとして一人前の娼婦に成った頃、マキたちのネグラに屈強な復員兵・伊吹新太郎(宍戸)が逃げ込んでくる。進駐軍を半殺しにしたのだという。マキは身一つで逞しく生きる新太郎に強烈にひかれていった。 田村泰次郎の同名ベストセラーの二度目の映画化。この後『春婦伝』『河内カルメン』と続く鈴木清順x野川由美子コンビの第一作。...[more] (町田)[投票]
Comments
全16 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5すさむ心でいるのじゃないが、泣けて涙も涸れ果てた。♪こ〜んな〜女に〜だ〜れ〜が〜した〜。 [review] (tredair)[投票(7)]
★5野川由美子松尾嘉代のクサイ演技をそれと感じないのは、特殊な物語のせい? (りかちゅ)[投票(1)]
★5原色の憎悪と生命力に彩られた、屈折した「くりいむれもん」 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★5コーフンしました。(06・5・20) [review] (山本美容室)[投票]
★4良き清順映画を支えているのは俳優の演技力や精神性などでなく、宍戸錠野川由美子高橋英樹原田芳雄松田優作らの持つ逞しい肉体、そこに宿る即物的・自然的な美しさであり、その確かな存在が在ってこそ初めて監督の独創性が意味を持ってくるのではないか、なんてことを今更ながらに思うのだ。 (町田)[投票(2)]
★4冒頭の闇市のシーンの不思議なスピード。娼婦たちがたむろする朽ち果てたビル。野川を初めとする女たちの涙も乾ききった末の捨てバチな強さ。そこに超クールな宍戸。そしてエロとサスペンス。見終わった後、息が切れてた。はあ、はあ、はあ。 (エピキュリアン)[投票(2)]
★4街娼達がいやにエロくてそそられてしまいました。特に野川由美子の魅力的なバディには参りました。 鈴木清順監督はエロ事師だね・・・・ (RED DANCER)[投票(1)]
★4センチな清順。意外にマジだった。棚田吾郎は「星の流れに」が主題歌だった『こんな女に誰がした』の脚本も書いている。宍戸錠の回想と共に歌われる「麦と兵隊」に泣かされる。友を背にして道なき道を、行けば戦野は夜の雨。 (寒山)[投票]
★44色の女達よりも、私は町子さんが好みです。 (熱田海之)[投票]
★4若い頃の宍戸錠は必見。「陽炎座」より直接的官能。笑えるシーンが結構ある。 (ミニー)[投票]
★3私があの場にいたらまず最初に掟を破るんじゃないかとガクブルでした。 [review] (づん)[投票(2)]
★3本能のままに生きることを決意した女達の衣装だけ、限りなく裸に近い下着?姿。それも原色。理屈ではなく肉体で生きるということは、まさに裸で生きること。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3闇市界隈の混沌を移動とスローモーションで捉える冒頭に何が出るかの期待高まるが結局何も出ず。女同士の諍いは下着5原色で色分けされ形骸化する。ディテールや台詞に依らぬ清順は所詮表層インテリなのだ。の煮え切らなさも物語ベクトルを弱体化。 (けにろん)[投票(1)]
★3鈴木清順にしては演出が(比較的)まともな一作。その分弾け足らなくて今一つの面白さ。 (赤い戦車)[投票]
★3木村威夫の美術と宍戸錠のマッチョボディにクラクラする。 (バーンズ)[投票]
★3バイタリティ溢れる女達の姿が爽快だし、鈴木清順らしい色彩や斬新な撮り方が面白い。これがデビュー作の野川由美子を始め、街娼を演じる河西郁子松尾嘉代石井富子が好演。若い頃の宍戸錠和田浩治も男前。['05.1.30京都文化博物館] (直人)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点18人******************
3点19人*******************
2点1人*
1点0人
43人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]アニメサブタイトル元ネタ集 (ユリノキマリ)[投票]
Links
検索「肉体の門」[Google|Yahoo!(J)|goo]