コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

戦火 (1958/)

China Doll

[Drama/Romance/War]
製作ヴィクター・マチュア / ジョン・ウェイン / フランク・ボーゼージ
監督フランク・ボーゼージ
脚本キティ・ブーラー
撮影ウィリアム・H・クロージア
美術ハワード・リッチモンド
音楽ヘンリー・ヴァース
衣装ウェズリー・ジェフリーズ / アンジェラ・アレクサンダー
出演ヴィクター・マチュア / リー・リーホァ / ボブ・マシアス / スチュアート・ホイットマン / ウォード・ボンド / グレッグ・バートン
あらすじブランドン大尉は、米軍の航空輸送隊に属するベテラン飛行士だ。中国全土で拡大中の抗日ゲリラに向けて空からの物資支援を指揮する。部下と一緒に基地にいないときは、大抵場末の外人バーに入り浸っていた。或る晩、酒気を帯びて表へ出ると、一人の老人が手ぐすね引いて待っていた。娘を身売りしたいのだという。大尉は軽い気持ちで話に応じるが、純朴そうな娘の顔を見るなり心変わりする。翌朝寝室で目を覚ますと神妙な顔をした乙女が傍らに控えていた。ブランドンは雑役の少年に命じてただちに追い払おうとする。しかし、中国滞在の長い友人のケイルン牧師によって、娘が内戦で没落した旧家の出であること、既に支払われた三か月の契約期間を終えるまで親元に戻れない事情を説明される (濡れ鼠)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4迎春閣の女将がまだおぼこ娘だった頃。元祖イエローフィーバーと見紛う異人種間ロマンス。こういう気恥ずかしいのは米国人同士は真顔でできない気もするが、文化と言葉の壁が恋の虜になった男女をなりふり構わなくするということで、成否は悉く両者の存在感にかかっている。二人の関係の進展の鍵となる場面はさすがに突き抜けている。ただ、リーホァの人となりに従順で窈窕なwaifu以上のものがあればと時代の制約を感じたりもした [review] (濡れ鼠)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点0人
2点0人
1点0人
1人平均 ★4.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「戦火」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「China Doll」[Google|Yahoo!]