コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

南瓜とマヨネーズ (2017/)

[Drama/Horror]
製作甲斐真樹
監督冨永昌敬
脚本冨永昌敬
原作魚喃キリコ
撮影月永雄太
美術仲前智治
音楽やくしまるえつこ
衣装加藤將
出演臼田あさ美 / 太賀 / 浅香航大 / 若葉竜也 / 大友律 / 清水くるみ / 岡田サリオ / 光石研 / オダギリジョー
あらすじツチダ(臼田あさ美)は、せいいち(太賀)と惰性で同棲を続けている。ライブハウスでバイトしてた彼女は出演したバンドのボーカルをやっていた彼と知り合ったのだ。当時は才能ありそうに思えたし、今もヤル気になればいい歌を作れると思っている。だから、曲作りに専念してほしい。自分はバイトに精出してるけど、生活は苦しいから、キャバクラでのバイトも始めたら、安原(光石研)って親爺に指名されて内緒で外で会ったり…。そんなある日、ライブハウスにハギオ(オダギリジョー)が現れた。彼女が昔好きだった男だった…。漫画家魚喃キリコの代表作の映画化。冨永昌敬監督第20作。 (けにろん)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5売れないバンドマンと風俗で働き男を支える女みたいな一昔前の刹那感は皆無で状況に流され何となく日々は過ぎてゆく。ダメな男と女の顛末にダメな俺たちは共振するのだが甘さもない。これは正しく平成末期の成瀬イズムの継承。決めショットの痺れる快感。 (けにろん)[投票(2)]
★4常識人からすれば思わず説教でもしたくなるズルズルの関係。それが何故か愛おしく見えてしまうのは、焦点が欠落した臼田あさみの目が醸し出すゆるい人相のたまもの。女に「打算」がないのだから「悲壮」など生じる分けもない。すると常識とは打算のことか。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4なかなかの佳編。オープニングから、研ぎ澄まされた音の映画なのだ。これはフラッシュ・フォワードというべきか。フロアの業務用掃除機、スクール水着と排水口、ドラム、ギター、ビニールのゴミ袋を結ぶ音など、後のプロットで出てくる印象的な音(と画面)がオープニングでモンタージュされる。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3恋愛ジャンキーの彷徨を描く正統派少女漫画の世界。ピンボケストレス激しい撮影は好まない。 [review] (寒山)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点1人*
2点0人
1点0人
5人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「南瓜とマヨネーズ」[Google|Yahoo!(J)|goo]