コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

めぐり逢い (1957/)

An Affair to Remember

[Romance]
製作ジェリー・ウォルド
監督レオ・マッケリー
脚本レオ・マッケリー / デルマー・デイヴズ
原案レオ・マッケリー / ミルドレッド・クラム
撮影ミルトン・クラスナー
音楽ヒューゴー・フリードホーファー
衣装チャールズ・ルメア
出演ケイリー・グラント / デボラ・カー / キャスリーン・ネスビット / リチャード・デニング / ネヴァ・パターソン
あらすじプレイボーイとして名を馳せるニッキー・フェランテ(ケイリー・グラント)は玉の輿のニューヨークの資産家令嬢との婚約を済ませ彼女に会いに向かう豪華客船上で、これ又青年実業家と婚約したばかりの元クラブ歌手のテリー・マッケイ(デボラ・カー)とふとした切欠で知り合い熱烈な恋におちるのであった。楽しい船旅は終わりニューヨークに着いた2人はお互いの婚約を清算し半年後の7月1日の5時にエンパイアステートビルで会う事を約束する。ニッキーは画家としての自活の道を探りながら、又テリーは再びクラブ歌手として歌いながら7月1日を待つ。そして待ちに待ったその日がやって来たのだが…。レオ・マッケリーが自作の『邂逅』(39年)を再映画化した57年作。 (けにろん)[投票]
Comments
全36 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5キスを映さなくてもオシャレなキス・シーンは撮れるというお手本! ヴィック・ダモーンの甘い美声によって歌われる主題歌にホロリ。 ラストのグラントの表情の演技は見物だよ! [review] (フランコ)[投票(4)]
★5母を思い出す映画。あんなヒラヒラワンピース着て恋をしていた時代ってちょっぴり羨ましいです。 (peaceful*evening)[投票(1)]
★5あまり言われてないかもしれないけど、これ見よがしなところのまったくない音楽の使い方も素晴らしい。実はこのレオ・マッケリーこそ、もっとも音楽的な感性を持った監督なんじゃないかと思わせる。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★5こういう映画を見ると、昔の映画のラブシーンの洗練度、ということについて考えさせられる。現実的に少々不自然な体勢であっても、画面として美しいかどうか、ということね。ストーリーも同じ。 [review] (イライザー7)[投票]
★4意外にも、エンパイアステートビルの存在は大した事はない。むしろ、一見すると軟派男なニッキーの祖母の存在が大きく、或る意味、この映画全体の方向を決定付けているとさえ言えるほど。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★4ハーレクインロマンス的な展開を見せながらも、ヒロイン デボラ・カーの芯の強さや気高さが、ラブロマンスにありがちな映画とは一線を画している。 [review] (ムク)[投票(2)]
★4船上のキスシーンだけでもう★4つ。人を恋する気持ちとか、切なくなる想いってのは科学技術ほど合理的に進歩していかないらしい。 [review] (ごう)[投票(2)]
★4真摯で純粋だから、なせるラブストーリー。やはり現在だとちょっと難しくなってしまうかも。にしても脚本がよく出来ています。すべてのシチュエーションに必然があるから、ラストに至る。デボラ・カーの気品ある風貌もドラマを高尚にしてると思う。 (TOBBY)[投票(1)]
★4テーマ曲が流れると胸がぐっとくるし、ニューヨークに行くとついエンパイアステートビルの屋上へとおのぼりさん気分になるのも、この映画のせいだけど、どうしてもデボラ・カーは愚鈍に、ケーリー・グラントはいかがわしく見えてしまう。 (動物園のクマ)[投票(1)]
★4やっぱりケーリー・グラントがすばらしい。今のアメリカ映画に足りないのはケーリー・グラントだ! などといいかげんなことを口走りたくなってしまうほどすばらしい。 (3819695)[投票]
★4オリジナル版『邂逅』との比較での物云いを愚とすれば、こちらも素晴らしいシーン、カット、感涙モノのきめ細かな演出が連続することも確か。1950年代ハリウッド製メロドラマの中では十分傑作と云えるだろう。レオ・マッケリーの余裕綽々たる演出ぶりを堪能することができる。(レビューはオリジナル版との比較の愚) [review] (ゑぎ)[投票]
★4物語に泣き、現実に泣き。 [review] (BRAVO30000W!)[投票]
★3船の外観カットのみで大西洋の旅をその気にさせ、あとは安普請の屋内セットでのベテラン俳優の達者な小芝居に終始して、何の変哲もないロマンス物語を飽きさせず見せきってしまう職人技。低予算の不自由を感じさせない的を射た“純愛”の完成度にプロ魂をみる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3君の名は...ハリウッドが作るとなんか能天気だね。 (りかちゅ)[投票(1)]
★3携帯とかない時代って、大変よね。 (YUKA)[投票(1)]
★3エンパイア・ステート・ビルのイメージが強いけど、「祖母の愛」が隠れたテーマのように思う。ま、所詮庶民には手の届かない夢のようなお話ですね。 (緑雨)[投票]
★3めぐり逢えたら』のモチーフというので見たのだが、内容的に似ているところは殆ど無かった。だが、恋愛映画としては、ダラダラした感じが無いし、この時代のお洒落な雰囲気が良く出ているので、それなりに楽しめた。 (Pino☆)[投票]
★3まさしく「メロドラマ」。二人にとっては美しいラブ・ロマンス。でも私は卑屈に当事者以外の幸せを応援する。 (らーふる当番)[投票]
★3ん? [review] (☆△■▽○♪)[投票]
★3ガ、ガキの演奏が…上手い!(そして一部突然ヘタ) (ニュー人生ゲーム)[投票]
★3すれ違いの作劇の見事さには目を見張るが恋愛映画のスタンダードとしては恋そのもののパトスが導入部だけで不足感がある。何よりグラントではどうしても生活の真面目な切迫感が出ないし、カーも又毅然な佇まいの下の健気が作劇を超えるものではない。 (けにろん)[投票]
★2ピアノ曲に影響されて観ましたが、今観るとやっぱりちょっと古臭いし、色んなものがダサいかも。 (ビビビ)[投票]
Ratings
5点15人***************
4点37人*************************************
3点39人***************************************
2点4人****
1点0人
95人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
歌曲賞の研究 ()[投票(16)]リメイクはオリジナルを超えたか? ()[投票(8)]
さぁ あなたからメリークリスマス 私からメリークリスマス♪ (tredair)[投票(5)]脚本が素晴らしい (TOBBY)[投票(2)]
思わずもらい泣きした映画 (coma)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「めぐり逢い」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「An Affair to Remember」[Google|Yahoo!]