コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

サウルの息子 (2015/ハンガリー)

Saul Fia
Son of Saul

[Drama]
製作総指揮ユーディット・シュタルター
製作ライナ・ガーボル / シポシュ・ガーボル
監督ネメシュ・ラースロー
脚本ネメシュ・ラースロー / クララ・ロワイエ
撮影エルデーイ・マーチャーシュ
美術ラースロー・ライク
音楽メリシュ・ラースロー
衣装エディット・スューチュ
出演ルーリグ・ゲーザ / モルナール・レヴェンテ / ユルス・レチン / トッド・シャルモン / シャーンドル・ジョーテール
あらすじ第二次大戦期。ナチスのアウシュヴィッツ収容所に、同朋の死体処理を務めるユダヤ人特殊部隊、ゾンダーコマンドがいた。サウル(ルーリグ・ゲーザ)もそんな呪われた男たちのひとりだ。ガス室に閉じ込められ、為すすべもなく倒れたユダヤ人たちの死体を焼き、彼らの持ち込んだ貴重品を集めるのが彼らの日課だが、サウルは顔も背けず作業に没入していた。だが、彼の息子と思しき少年がここに運び込まれたことで彼の表情は一変する。毒ガスのなかを生き延びた少年は軍医(ジョーテール・シャーンドル)にとどめを刺されたものの、サウルは彼のために聖職者を探して奔走する。息子を正式に埋葬してもらうために。〔107分〕 [more] (水那岐)[投票]
Comments
全13 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5昔懐かしスタンダード画面。カメラはサウルだけを追う。クローズアップ。彼とともに動く。望遠レンズで撮ったかのように彼の周囲はボケている。しかし、観客はそれが何を表わしているのかつぶさに気づく。それは人間が見てはならないものなのだ。 [review] (セント)[投票(3)]
★5祝!オスカー受賞。暗いし、重いし、楽しい要素なんて一つもないし、それでもこの映画に出会えてよかったと思います。 [review] (プロキオン14)[投票(2)]
★5たとえ生きることを諦めた中でも、希望は持てる。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★5淡々と「仕事」に向き合うサウルが息子と対峙してから、目つきが変わる。その強い意志と緊張感にわたしもひっぱられる。息苦しい。ただただ気圧されて息苦しい。 [review] (jollyjoker)[投票]
★4この世の地獄を見る映画。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★4始まって5分もしないうちに、ホロコーストの地獄のどん底に突き落とされる。ホロコースト体験ライド映画。水を溜めた洗面器に、無理矢理顔を押しつけられるような息苦しさがずっと続く。二度と同じ過ちを繰り返さないために目を背けずに見なければならない。 [review] (すやすや)[投票(3)]
★4このタイプでホロコーストを描いた作品はなかなかお目にかかれるものではない。史実として学び繰り返さないために、トランプ政権が話題になっている今、見るべき映画なのかもしれない。 [review] (deenity)[投票(1)]
★4ボヤける背景にハッキリと映る惨状。頼む、やめてくれ…。86/100 (たろ)[投票(1)]
★4正方形にちかい狭苦しいスクリーンに投影される、これも視野狭窄的な一個人のドラマ。サウルをひたすらに追い続けるカメラは、外側にぼやける惨たらしい光景すらも「我関せず」と見過ごして恥じない。得てして大き過ぎるスケールの惨劇に投入された者は、悪への憎悪や正義の希求ではなくこんな些事にちぢこまる方を選ぶものだ。彼の思いの深さは、それが示されたのちに十分に語られる。 [review] (水那岐)[投票(1)]
★4観て吐き気をおぼえた(比喩としてのネガティブな意味ではなくリアルに)。なぜこの映画がハンガリーで作られたのかを調べてハンガリー系ユダヤ人とアウシュビッツとの関係を知った。ゾンダーコマンドについて調べた。諸々調べた。吐き気を止めるために。まだうっすらと吐き気がしている。ただ、この映画に出会えたことには感謝している。 (ロープブレーク)[投票]
★3主人公を中心に据え状況を限定的にしか示さない本作の手法は、確かに収容所の閉鎖性と拘束者の思考麻痺を表現して斬新だが、安易な恐怖映画が手持ちカメラの主観ショットを多用するのとどこか似ている。視線の強要は洗脳でもあり観客の想像力も限定してしまう。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3サウル、超頑固笑 宗教観の違いからか余り共感できなかった。火葬の国の人なので笑 そんなことよりサウルの息子登場が早過ぎる。一通りサウルの仕事はこんなのですよ〜って見せてからでしょうが!って思う。あと、サウル視点の際の背景がボケ過ぎ。何の意図かと思う。 (IN4MATION)[投票]
★3ダルデンヌ兄弟のような撮影に違和感がある。醜い光景を見たくなくでも見ざるを得ない、という生理をやんわり否定しているような品の良さが言外に醸し出され、衝撃を弱めている。 [review] (寒山)[投票]
Ratings
5点7人*******
4点11人***********
3点8人********
2点1人*
1点0人
27人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「サウルの息子」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Son of Saul」[Google|Yahoo!]