コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

黄金のアデーレ 名画の帰還 (2015/)

Woman in Gold

[Drama]
製作総指揮レン・ブラヴァトニック / サイモン・カーティス / クリスティーン・ランガン / ロバート・ワラク / ボブ・ワインスタイン / ハーヴェイ・ワインスタイン
製作デヴィッド・M・トンプソン / クリス・サイキエル
監督サイモン・カーティス
脚本アレクシ・ケイ・キャンベル
原案E・ランドル・シェーンベルク / マリア・アルトマン
撮影ロス・エメリー
美術ジム・クレイ
音楽マーティン・フィップス / ハンス・ジマー
衣装ピーター・ポール / ベアトリス・パスツォール
特撮マーク・ホルト
出演ヘレン・ミレン / ライアン・レイノルズ / ダニエル・ブリュール / ケイティ・ホームズ / タチアナ・マスラニー / マックス・アイアンズ / チャールズ・ダンス / アンチュ・トラウェ / エリザベス・マクガヴァン / ジョナサン・プライス / フランシス・フィッシャー / モーリッツ・ブライブトロイ / ヘンリー・グッドマン
あらすじロサンゼルス。ブティックの主人を務める老マリア(ヘレン・ミレン)は、若き弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)にある話を持ち掛ける。オーストリアの至宝と謳われるクリムトの名画、「黄金の女」の返還依頼だ。名画はユダヤ系名家であったマリアの家からナチに略奪され、その罪を逃れるように公立美術館に展示されているのだ。ランディはこの仕事にやり甲斐を感じ、ウィーンに渡って一度は失意を舐めながらもマリアを叱咤して挑戦を続ける。マリアの脳裏をよぎるのは絵のモデルである伯母アデーレ(アンチュ・トラウェ)であり、彼女の死後迫害された若き日の自分(タチアナ・マスラニー)と夫フリッツ(マックス・アイアンズ)の逃走劇だった。〔109分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ヘレン・ミレンの好演は見上げたものである。実話をベースにしているから事の顛末は時に疑問を感じさせるものもあるが、それでもナチスの暴虐をただし正義を行うべしという訴えが時に国を動かすということは特筆すべきと思う。 [review] (シーチキン)[投票]
★4物語の進行と過去の回想の切り替えが、映像の色調も含めて、とても良く仕上がっています。 [review] (NOM)[投票]
★4全般に抑制の効いた作品だと思う。底辺にうごめく人権侵害も、戦争犯罪も、大仰でなく淡々と切実に訴えている。名画を介して、ある一つの家族の没落と再生を奏でている。実に見事である。 [review] (セント)[投票]
★3かけがえのない生命と自由とを賭けて、ナチの手を逃れるべくウィーンの街を奔走する若きヒロインたちの必死さに較べれば、現代のヒロインたちの戦いはいささか金持ちの道楽に傾き過ぎて白ける。訴訟王国アメリカならではの劇映画であり、判りやすいハリウッド映画の好例であって決して共感を呼ぶものではない。若きヒロインを演ずるタチアナ・マスラニーの田舎臭い愛らしさは結構よかった。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点2人**
4点4人****
3点4人****
2点0人
1点0人
10人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「黄金のアデーレ 名画の帰還」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Woman in Gold」[Google|Yahoo!]