コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

バンクーバーの朝日 (2014/)

[Drama]
製作石原隆 / 市川南 / 稲葉直人 / 菊地美世志
監督石井裕也
脚本奥寺佐渡子
撮影近藤龍人
美術原田満生
音楽渡邊崇
衣装宮本まさ江
特撮西尾健太郎
出演妻夫木聡 / 亀梨和也 / 勝地涼 / 上地雄輔 / 池松壮亮 / 高畑充希 / 宮崎あおい / 貫地谷しほり / ユースケ・サンタマリア / 本上まなみ / 田口トモロヲ / 徳井優 / 大鷹明良 / 岩松了 / 大杉漣 / 鶴見辰吾 / 光石研 / 石田えり / 佐藤浩市
あらすじ太平洋戦争前夜の1930年代。カナダのアマチュアリーグに所属する「バンクーバー朝日」という日系移民二世の野球チームがあった。戦績は、投手のロイ永西 (亀梨和也)の力投にもかかわらず、大柄な白人チームにまったく歯が立たずチームは連敗が続く。人種差別に合いながら、低賃金で過酷な肉体労働に従事していた当時の日系移民たちのなかには、そんな朝日のメンバーたちに白い目を向ける者もおり、キャプテンのレジー笠原(妻夫木聡)らは自分たちは何のために野球をしているのか悩み始めていた。しかし、日本人街の人々は心のどこかで、そんな弱小チームに希望を託し応援し続けていた。実在の日系人野球チームに材を得た人間ドラマ。(132分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4鬱積を晴らす術もない抑圧の移民族史の束の間の晴れ間を描くにこの低体温が相応しい。ましてやバント戦術というショボい勝ち方ではゲームが盛り上がろう筈もないが、それでも必死だった彼等の思いは胸を打つ。怜悧で真摯な石井イズムは全篇を掌握してる。 (けにろん)[投票(1)]
★3象徴的なデフォルマシオンを施しつつも写実性を基調とした時代物のオープンセットは、現代日本映画としては同じく原田満生が手掛けた『許されざる者』と並んで傑作と云っていい(一方、写実よりもファンタジーに軸足を置いた国産オープンセットで優れていた近年の作は磯田典宏の『舞妓はレディ』です)。 [review] (3819695)[投票(2)]
★3排斥がテーマなのに日本人街だけで話が終わる。それを画期的というのか、描き足りないというのかで評価は分かれるとは思う。 (甘崎庵)[投票(1)]
★3面白くなりそうな題材なのに、なんでこんな残念な仕上がりなんだろう…。頭脳野球の面白さもイマイチだし、“日本人”と“日系人”はもっと違いがあるべきじゃないかなぁ。セットは素晴らしかった。 (あちこ)[投票]
★2労働に苦渋を、差別に屈辱を、野球に爽快を感じない。本作への最大の賛辞は石井裕也君はついにメジャーに魂を売った、だろう。それなのに、通俗映画としての泣かせの段取りが悪く、しかるべきベタな感動すら起こらないようでは、イヤミを書く気力もうせる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点6人******
2点2人**
1点2人**
13人平均 ★2.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「バンクーバーの朝日」[Google|Yahoo!(J)|goo]