コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

チョコレートドーナツ (2012/)

Any Day Now

[Drama]
製作総指揮マキシン・マコーヴァー / アン・オシェア / ダン・スケアイン / ウェイン・ラルー・スミス
製作トラビス・ファイン / クリスティーン・ホステテッター・ファイン / チップ・ホーリハン / リアム・フィン
監督トラビス・ファイン
脚本トラビス・ファイン / ジョージ・アーサー・ブルーム
撮影レイチェル・モリソン
美術エリザベス・ガーナー
音楽ジョーイ・ニューマン
衣装サマンサ・キュースター
出演アラン・カミング / ギャレット・ディラハント / アイザック・レイヴァ / フランシス・フィッシャー / グレッグ・ヘンリー / クリス・マルケイ / ドン・フランクリン / ジェイミー・アン・オールマン / ケリー・ウィリアムズ / アラン・レイチンス / ミンディ・スターリング / ダグ・スピアマン / ランディ・ロバーツ / ミラクル・ローリー / マイケル・ヌーリー / ジェフリー・ピアース
あらすじルディ(アラン・カミング)はベット・ミドラーを内なる目標とするゲイのパフォーマーだ。ある日彼のショーを見ていた弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)を抱きしめたルディは、ポールから渡された電話番号のメモを胸に帰宅した。そんなとき自室の隣に、ダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)が人形を手にひとり座っているのをルディは見る。マルコはそこにいた麻薬患者の女(ジェイミー・アン・オールマン)の息子だったが、彼女は逮捕され養育者は現れない。心を揺すぶられたルディは、ポールにこの相談を持ちかけ、一度は尻込みされたものの彼とともにマルコと暮らす許可を得る。だが、それをポールの上司は胡乱な目で見るのだった。〔97分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全14 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5原題は、Any day now。あれから、40年。その日は来たのか?来ているのか? [review] (Shrewd Fellow)[投票(4)]
★5とにかく、この気持ちをどこかにぶつけたくてもぶつけようがない。 [review] (momotako7)[投票]
★5原題と全く関係がないのに、邦題に「チョコレート」がつく作品は大抵良くできている。 (るぱぱ)[投票]
★5今でこそテレビでよく見るようになってきてゲイという物に偏見はなくなりつつあるが、笑いネタにされる物が多い。そんな中この作品はそうゆ気持ちで見ていると掌底を喰らわされたような衝撃を受ける。 [review] (deenity)[投票]
★4これも偏見かも知れないが、ゲイなど性的感覚においてマイノリティと見做される人々のほうが、こと愛情面の問題に強力な力を発揮できる人物が多いように思われる。これはつねに自分の性情や愛情の感覚を第三者に晒しながら暮らす、かれらだからこその美点ではないだろうか。映画は普遍的なかれらの愛情をストレートに表し、楽曲の普遍性もまた素晴らしい。 (水那岐)[投票(3)]
★4[ネタバレ?(Y2:N1)] かつて河上肇は「制度も固定化すると残酷を産む」といった意味合いのことを述べていたが、本編はそれを地で行くようなやるせない物語である。愚昧なる偏見と硬直化した制度でもって無垢な命が奪われる矛盾に私たちはどう対すればいいのか。あらゆる人に見てもらいたい物語だ。シーンや心境を映した選曲は秀逸であるが、これがなければ見続けることが出来ない辛い映画だと思う。 (サイモン64)[投票(2)]
★4予想していたより深刻な映画だった。今もそれは変わっていない。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★4同性愛者に対する偏見とは愛する権利、すなわち魂の自由に対する抑圧なのだということがとてもよくわかる。ケバケバしい口パクでしか自分を誇示できなかったルディ(アラン・カミング)が、いまだ道半ばで歌い上げる「I Shall Be Released」が心にしみる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4小難しいことは分からないが、マルコがニコっと笑った時同じタイミングで私も笑ってた。 (Liz)[投票]
★4アラン・カミングと言えば私の中ではドラマ「グッド・ワイフ」のイーライ・ゴールドのイメージでしたがこういう役も良いですね。歌もうまいし。 [review] (stimpy)[投票]
★4登場人物も役者も音楽も演出も、魅力的!偏見を重く表現しすぎずに、家族愛とか心のつながりとかを魅せてくれた。 (あちこ)[投票]
★3穴だらけの網かもしれないが、この網で金魚でも何でも掬っていくしかない。とするならば、本作は少々感傷に流れているかもしれない。 [review] (G31)[投票(1)]
★3ゲイのカップルとダウン症児、彼らは間違いなく家族だった。二人と過ごしたときの楽しそうなマルコの姿に目に焼き付く。あまりの結末に絶句。 (パピヨン)[投票]
★3愛情の物語というよりも、米国の司法制度への批判がより強く印象に残った。もう一度観るのはつらいので−1です。 (もがみがわ)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点20人********************
3点5人*****
2点0人
1点0人
30人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「チョコレートドーナツ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Any Day Now」[Google|Yahoo!]