コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ゼロ・グラビティ (2013/)

Gravity

[Drama/SciFi/Action]
製作総指揮クリス・デ・ファリア / ニッキ・ペニー / スティーブン・ジョーンズ
製作アルフォンソ・キュアロン / デヴィッド・ヘイマン
監督アルフォンソ・キュアロン
脚本アルフォンソ・キュアロン / ホナス・キュアロン
撮影エマニュエル・ルベツキー
美術アンディ・ニコルソン
音楽スティーヴン・プライス
衣装ジェイニー・ティーマイム
出演サンドラ・ブロック / ジョージ・クルーニー / エド・ハリス
あらすじ地上600kmの宇宙空間。酸素も重力も音もない無が支配する領域。眼下には地球が神々しいまでの輝きを放っていた。宇宙ステーションで船外作業中だったライアン博士(サンドラ・ブロック)は、廃棄処分のため爆破されたロシアの人工衛星の無数の破壊片群の直撃を受け漆黒の無重力空間の彼方へと吹き飛ばされしまった。地上との交信も断たれ酸欠のため朦朧とするライアン博士の耳に、ベテラン宇宙飛行士コワルスキー(ジョージ・クルーニー)からの呼びかけ声が聞こえてきた。この絶望空間に生存者は2人だけ。残された酸素と推進燃料は僅か。ライアンとコワルスキーは、かすかな可能性に望みを託し地球への生還を目指すのだが・・・(91分/3D) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全61 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5それでも地球は美しい。それでも人は生きていく。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(11)]
★5映画というメディアが漸く3Dというテクノロジーの幸福な活用法に辿り着いたというか。まるで舞台劇のような密室性を湛えながら、画面一杯に神秘的で広大な空間が広がっているという逆説に痺れる。 [review] (緑雨)[投票(9)]
★5人間がクルクルと無重力に翻弄され、「宇宙」が襲いかかる画は『2001年』を想起させるが、冷笑で支配するキューブリックとは真逆を行くエモーション。体の重さを失って心の重さを知る。心の重さを知って、大地を踏みしめる。これは「生まれること」についての物語だ。再突入シーンの「死と虚無に追いつかれないように速く!もっと速く!」という臆面もない熱さに射貫かれる。これをこそ待っていた。(修正改稿) [review] (DSCH)[投票(7)]
★5ポップコーンはオススメしない。というか上映後周りを見渡すと、持ってた連中は誰一人食べきれてませんでした。これはそういう映画。 [review] (steeling)[投票(7)]
★5うーん、これはすごいわ。次元を超えた映画ですわい。僕自身も映像の中に、二人同様あの彼方の宇宙にほっぽり出される、、、。 [review] (セント)[投票(6)]
★5リュミエール兄弟以来、現時点の3DとCG技術を結集して見世物映画の到達点をカタチにすること。枝葉を切り落とし虚無からの復活という一点に集中し純度の高い「生命の物語」を語ること。この二つの目的を達成するために、「冷たくも美しい」宇宙空間が必要だった。 [review] (ぽんしゅう)[投票(6)]
★5傑作を見ることの悲しみ。 [review] (イリューダ)[投票(5)]
★5一行で済んでしまうようなプロットを映像体験だけでみせきってしまった。 [review] (おーい粗茶)[投票(5)]
★4スピード』『しあわせの隠れ場所』を凌駕する生涯の代表作を勝ち得たサンドラ・ブロックが一〇〇点に価するならば、私はジョージ・クルーニーに一二〇点を捧げたい。スクリューボール・コメディに由来するクルーニーの「饒舌」は、まとわりつく死(それは「宇宙」と名指される)に抗う全霊の身振りだ。 [review] (3819695)[投票(7)]
★4原題のまま「グラビティ」じゃないと意味がないのでは…… (ツベルクリン)[投票(2)]
★4サンドラ・ブロックの充実ぶりには目を見張った。露出部位の少なさ、特殊な撮影環境、釣られたり回されたりの悪条件下で一人芝居の重責を担い、カメラの前に命を投げ出すような演技を見せたこのオバチャンが革新的な映像のすべてを支えている。 (ペンクロフ)[投票(2)]
★4ペース配分が気になった。序盤の、クルーニーの白馬王子化を超える感傷がなく、結果、ソユーズ内の愚痴が、コンフリクトとしては長く機能しすぎな印象を受ける。この重さは、サンドラの性格造形に疑念を及ぼす。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★4何回も息止めちゃった! [review] (stimpy)[投票(1)]
★4すげえ恐い映画だった。宇宙になんか行きたくないね。 (K-Flex)[投票(1)]
★4サンドラ・ブロックって、わりと立体的な方だったんですね。 [review] (G31)[投票(1)]
★4長回しがもたらす息の詰まるような緊迫感が快感に変わる映画。邦題を色々言われているが、テーマはGravityでも見せ場のほとんどは「ゼロ」の部分。とはいえ、一体どうやって撮ったんだ? と思わせたいばかりに、その手法がやや鼻につく場面もチラホラあった。 ()[投票]
★4上下左右が意味をなさなくなる心もとなさを十分に味わさせてくれた。マニュアルと訓練は大事だ。 (動物園のクマ)[投票]
★390分強のノンストップアクションムービー。この尺に対する志が嬉しい。画面が少々煩い、という点が玉にキズではあるが、圧倒的な瓦解の映画としても興奮する。 [review] (ゑぎ)[投票(6)]
★3この空間モデルがヴァーチャルとリアルの二項対立を無効にする。動くキャメラでもって空間を動かして見せた溝口的時代の次の時代をこの映画は圧倒的な皮膚感覚を伴って予感させた。映画はキャメラを通過しない映像を届けることに初めて成功したかもしれない。 (ジェリー)[投票(2)]
★3中空を肌着で漂うサンドラ・ブロックを見て、『エイリアン』のシガニー・ウィーバーを思い出す。生きている、生きている、生きている、宇宙船という胎の中で、生きている。肌身をさらして、(肉体の)起伏を見せて、それではじめて辛うじて映画が成立する。寓意としての魂=露呈性。 (ハイタカ)[投票(2)]
★3褒めたい部分もあるのだが、現段階では私は否定派に回りたいと思う。私が最初に疑問に思ったのは全170〜180ショット中第2ショットにおける客観→主観→客観という視点移動であり、これはゑぎさんの仰るとおり美しくない。主観と客観を同時に一画面内で表すか、或いはカットを分けた方がスマートだろう。これを含めブロックのミタメショットはどれもゲーム的に過ぎる。 [review] (赤い戦車)[投票(2)]
★2見た後の感想はAvatarと同じ。映像美・音響技術は素晴らしく、大迫力。3Dでの鑑賞はおすすめできる(2Dだと、自分は観る気がしない)。 [review] (miyabi108)[投票(1)]
Ratings
5点59人*****************************.
4点66人*********************************
3点30人***************
2点2人*
1点0人
157人平均 ★4.2(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
てめえらの血はなに色だーーーっ!! (DSCH)[投票(6)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ゼロ・グラビティ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Gravity」[Google|Yahoo!]