コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カルテット!人生のオペラハウス (2012/)

Quartet

[Drama/Romance/Comedy]
製作総指揮クリストフ・ダニエル / マルク・シュミットハイニー / ダリオ・ズーター
製作フィノラ・ドワイヤー / スチュワート・マッキノン
監督ダスティン・ホフマン
脚本ロナルド・ハーウッド
原作ロナルド・ハーウッド
撮影ジョン・デ・ボーマン
美術アンドリュー・マッカルパイン
音楽ダリオ・マリアネッリ
衣装オディール・ディクス・ミリョー
特撮クリス・レイノルズ
出演マギー・スミス / トム・コートネイ / ビリー・コノリー / ポーリン・コリンズ / マイケル・ガンボン / シェリダン・スミス / アンドリュー・サックス / デイム・グウィネス・ジョーンズ / トレヴァー・ピーコック / デヴィッド・ライオール / マイケル・バーン / ロニー・フォックス / パトリシア・ラヴランド / エリン・パウエル / ルーク・ニューベリー
あらすじイギリスの郊外に、引退した音楽家たちの老人ホーム‘ビーチャム・ハウス’がある。そこは今、資金難に陥っていたが、ヴェルディの生誕記念のガラ(:特別な催し物)コンサートを開き、入場料というか寄付金で乗り切ろうと考えていた。そのホームの中に、いつも女と酒のウィルフ(ビリー・コノリー)、皆に可愛がられているシシィ(ポーリン・コリンズ)そして真面目なレジー(トム・コートネイ)がいた。3人共有名な声学家だった(昔は)。ある日1人の入居者が来る。超大物、マリア・カラスの再来といわれたジーン・ホートン(マギー・スミス)。拍手で皆が迎える中、1人だけ顔を背ける男がいた。レジーだ。(もう少し続きます) [more] (KEI)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5D・ホフマンがこんなに演出的にも手馴れているとは驚いた。さすが映画を知っているなあと思う。敢えて言えば映画の文法なるものを知っていると思う。名優にして名監督あり、というのはやはり生きていた。 [review] (セント)[投票]
★475歳。初監督。老人の話だから、というより最初だからか、おとなしくまとめ過ぎた。もう1歩突っ込んだ作品を、今後に期待。‘芸術作品とは無限の孤独、些末な批評なぞ手が届かない物だ’という言葉が出て来る。些末な批評を反省し、芸術に敬意を表して+1点。 (KEI)[投票]
★4それぞれが抱えるバラバラな想いを、一つの方向にまとめていく手腕はさすがに確かで鮮やか。余計な寄り道の少いのも良い。「想い」の伝わってくる前半部の丁寧な書き込みが奏功かな。 (G31)[投票]
★3ハリポタの先生が2人出てるってぐらいしか俳優を知らなかったが、まあ舞台化になりそうな小品でしょう。 (USIU)[投票]
★3和気藹々とした老人ホームの日常が続き本題まで結構引っ張るが、本題に入ってからはあっという間かつ尻すぼみ。絵作りは上手く、風景が印象的。 (パピヨン)[投票]
★2内容急降下。もっと盛り上がりそうだったのに残念。 (あちこ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点4人****
2点2人**
1点0人
9人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「カルテット!人生のオペラハウス」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Quartet」[Google|Yahoo!]