コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

るろうに剣心 (2012/)

[Action/Drama]
製作久松猛朗 / 畠中達郎 / 茨木政彦 / 高橋誠 / 喜多埜裕明 / 久保田修
監督大友啓史
脚本藤井清美 / 大友啓史
原作和月伸宏
撮影石坂拓郎
美術橋本創
音楽佐藤直紀
衣装澤田石和寛
特撮小坂一順
出演佐藤健 / 武井咲 / 吉川晃司 / 蒼井優 / 青木崇高 / 綾野剛 / 須藤元気 / 田中偉登 / 奥田瑛二 / 江口洋介 / 香川照之
あらすじ幕末の混乱期、人々を殺め巷を震え上がらせた剣客がいた。名を人斬り抜刀斎。維新を経て10年、姿を晦ましていたはずのその名が東京を駆け巡る。惨殺現場に残された、彼の名が記された斬奸状。そして今、手配書に見入るひとりの浪人がいた…。和月伸宏が原作の人気コミック「るろうに剣心〜明治剣客浪漫譚〜」の実写映画化。134分。 (chilidog)[投票]
Comments
全20 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4不殺というテーマ一つに支えられた映画 [review] (neo_logic)[投票(4)]
★4佐藤の口跡のダメ軽さを力技でキャラ設定に被せて躱す。殺陣も吉川戦は見惚れたが他は過不足ない程度だ。だが、筋を通すということに揺ぎ無い確信を感じたし、ラストの決めの至福感は久々だった。清清しい。女優陣の衣装の質感と着こなしも特筆か。 (けにろん)[投票(4)]
★4殺しちゃいけない剣術を目指している薫と殺し屋剣心のカラミがとても面白くて良かったよ [review] (ギスジ)[投票(1)]
★4アクション監督が別に居るそうなのでどの位大友監督のお手柄なのか判りませんが、期待に応えた出来だったと思います。☆4.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4鑑賞前感じていた「アイドル映画」臭、それが鑑賞後に払拭されたことが嬉しい。評価点は、ワイヤーアクションがそれほど目立っていないこと。主人公が超人的強さ、じゃあワイヤーをバンバン使って、なんて考えなかったアクション班の英断に拍手を送りたい。 (takamari)[投票(1)]
★4痛快時代劇。この時代がくせものだが、明治初期に設定した事で普遍性を獲得したと思う。悪役の造形がおざなりだが、原作が少年まんがだということを考えれば許容範囲。さようでござるか、にんにん。と突っ込みたくはなるが。 (ぱーこ)[投票]
★4原作未読ですが、実写映えする漫画ですね。剣心のアクションは最近の邦画では頭ひとつ抜けている印象。ワイヤーアクションをそれと見せない技術は凄い。どこまでが佐藤の自力アクションなのかわからないほどに。脇を固める江口吉川両名の存在感も文句なし。女優陣も健闘。いいと思う。香川の悪目立ちが唯一の難点。 [review] (IN4MATION)[投票]
★4佐藤健様に惚れたでござるよ。どんぴしゃり。 (らーふる当番)[投票]
★4原作未読。アクションシーンではスピード感をつけるために画を間引いて編集しているのだろうが、これは正解。その後のゆったりしたシーンがとても活きている。佐藤は台詞をしゃべらすと一気に緊張感がなくなるのが残念だが、彼の目はなかなかミステリアスで良い。若い世代に向けた時代劇という意味では丁寧マジメに作られた作品で好感度は高い。これを機に良い時代劇が増産されることを望みたい。 (tkcrows)[投票]
★4実写化と聞いて、相当危惧をしたものだが、とりあえずは安心できる出来でした。剣心=佐藤タケルは、想像以上にハマリ役だった。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4海外でも絶対受けると確信します。剣心佐藤健はもうはまり役でしょー。 [review] (ペパーミント)[投票]
★4立ち回りがとにかくスピーディーでカッコいい。パルクールやワイヤーも駆使して画面所狭しと走り回り、飛び回る佐藤健のアクションに目を見張る。普段のおっとりした表情から抜刀斎の本性を現したときの凄みまで剣心そのもの。 [review] (パピヨン)[投票]
★3ナ・マ・ヌ・ル・イ [review] (ペペロンチーノ)[投票(8)]
★3身のこなしがマンガベースであり、人の動作に時間がかかってしまう。演出家の制御が効く単体ならばまだしも、人と人が絡むとなると演技の文法が不明になる。後背のモブが所在なさげで、いかなる挙動をすればいいのか困惑しているように見える。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★3総じて剣戟場面がカメラ近すぎカット割りすぎ。できない演者で成立させる誤魔化しの手法だが、観客は「できる」演者が観たいんだよな。主人公の背をカメラが追いかけるカットなど、いい画もたまにある。台詞はひどい。自分で「剣客」とか言うか? (ペンクロフ)[投票]
★3大友啓史は役者を信じていないのだろうか。矢継ぎ早にカットを切り替えるばかりで細かな動作をまるで見せようとしない。それはすなわち説明台詞が多いということでもある。本作において台詞ではなく画で見せるシーンといえば、牢の中で佐藤健がお椀で雨漏りを受け止めるところぐらいしかない。香港帰りのアクション監督谷垣健治の仕事には見所があっただけに、ドラマ部分の演出もがんばってほしかった。 (Sigenoriyuki)[投票]
★3凄く原作序盤のストーリーの映画化というものに関しては高水準の再現度、キャストも一部を除きとてもよくできています。映画化をできてるとおもいます。日本の映画もこれぐらいのものが増えればいいのに。問題はアクションシーンと一部キャスト。 [review] (がちお)[投票]
★3音楽、演出ともにひねりが無い程「龍馬伝」そのまま。アクションは速いし凄いのだけれど、"溜め"が無い。いわば軽い球。健くん格好いい!とか小汚い咲ちゃん可憐!とか。エンドロール見るまで「高橋留美子って重い話描くんだ」と勘違い。それ『らんま1/2』か、失敬。 (chilidog)[投票]
★2実写とマンガ性の折り合いのつけ方が気に入らない。ワイヤーアクションは人間離れした業というより人間ではない動きで、故に人間的情念としての表現から逸脱する。佐藤健が甘ったるい好青年振りで「おろろ」とか「ござる」と言う台詞回しも気色悪い。 [review] (煽尼采)[投票]
★2アクションの為のアクションは映画に不要。何をなさねばならないか?何がそれを阻むのか?それのより設定される不可能性と、それを超える肉体の奇跡。それが見えないアクションはドラマの邪魔。故に退屈。佐藤健のカメレオン性は買う。 (pori)[投票]
Ratings
5点0人
4点21人*********************
3点19人*******************
2点5人*****
1点1人*
46人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
かっこいい悪役の出る映画 かっこ悪い悪役の出る映画 (がちお)[投票(1)]
Links
検索「るろうに剣心」[Google|Yahoo!(J)|goo]