コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

旅情 (1955/)

Summertime

[Romance/Drama]
製作イリヤ・ロペール
監督デヴィッド・リーン
脚本デヴィッド・リーン / H.E.ベイツ
原作アーサー・ローレンツ
撮影ジャック・ヒルドヤード
美術ヴィンセント・コルダ
音楽アレッサンドロ・チコニーニ
出演キャサリン・ヘプバーン / ロッサノ・ブラッツィ / イザ・ミランダ / ダレン・マクギャヴィン / マリ・アルドン / ジェレミー・スペンサー
あらすじキャサリン・ヘップバーン演ずるオールドミスのジェーン。彼女は憧れの地、水の都ベニスを観光のため訪れる。ベニスを周る彼女は、1軒のベネチアグラスの店に入る。そこでハンサムな男性のレナートと知り合う。彼の案内でベニスを満喫するジェーン。次第に恋する気持ちが芽生え始める・・・。キャサリン・ヘップバーンが好演するこの映画は、メロドラマも大作も見事にこなすデビッド・リーン監督の作品。アカデミー監督賞も受賞している。 (kinop)[投票]
Comments
全38 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5川に花が落ちて拾おうとするんだけど、届きそうで届かない。これだよねえ。素敵な映画。キャサリン・ヘップバーンだからいいんですよねえ。 [review] (chokobo)[投票(5)]
★5基本的にはやはりこれは観光映画。でも監督と主演女優がいいから、ひとつひとつのエピソードは素敵ね。あえて言いたい、この作品は大名作とは思わない。でも5点をつけちゃうんだな。なんでだろう?燃えるような恋を描いてはいるが、演者の芝居が必要以上にベタベタしてないのがよかったのかな。 (takud-osaka)[投票(3)]
★4枯れかけた花も新鮮な水をたっぷりやると再びよみがえってくるものだ。キャサリン・ヘップバーンが本当にいきいきとしてくる様が素晴らしい。 (ナム太郎)[投票(3)]
★4カラー映画の良さが迸る作品。赤いゴブレット、青いガラス瓶、陽光に乱反射する水面、水飛沫、白い花・・・。気取った映像でもないのに美しい。ベニスに行ってみたくなるほど。 [review] (24)[投票(2)]
★4元祖リゾラバ。あれ、もう死語だって? (りかちゅ)[投票(2)]
★4行き遅れハイミスの感傷旅行のリード役は少年から頃合いの中年男へリレーされるが映画には悪意の欠片も存在しない。サンマルコ広場の景観が荘厳な華やぎで彼女の悲喜交々を彩るだろう。その端正なカラーの色調。そして傑出したラストの小粋なくちなし使い。 (けにろん)[投票(2)]
★4「逢びき」に通じる、デビッド・リーンのイライラ・マジック。 [review] (きいす)[投票(1)]
★4「空腹なら、あるものを食べるんだ」こんな露骨な求愛を知らない。さすがイタリア男。 (ジェリー)[投票(1)]
★4キャサリン・ヘップバーンは美人ではないが、澄んだ心を持ち、清清しく綺麗な女性。 [review] (kinop)[投票(1)]
★4独身中年女性のひと時の恋愛が丁寧に描かれていてデビッド・リーンのラブ・ストーリーにハズレなしといった感じ。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★4カメラに記録することが出会いなのだ、と思い込んでいるジェーン(キャサリン・ヘプバーン)にとって、生身にふりかかった「ひと夏」の出会いは、はたして愛らしき中年少女からの覚醒をもたらしたのだろうか。彼女の孤独は滑稽から哀切を経て、幸せの糸口へ? (ぽんしゅう)[投票]
★438歳の負け組女子の心理描写は見事で、確かにこのテーマでは最高の1本だと思う。が、不倫を肯定するかのようなレナートの態度、発言が気に入らない。オジさんには詭弁に聞こえました。 (KEI)[投票]
★3繊細かつ的確な演出で描かれる、‘オールドミス’への慈愛に満ちた、だが現在の視点から見ればやや偏見に満ちてもいる、一夏の恋。その違和感への我慢が報われるような、ラスト・シーンの美しさ。でもやはり何か釈然としない。 [review] (煽尼采)[投票(4)]
★3物語の単調さを覆ってあまりあるのが描写能力の素晴らしさ。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★3恋愛に素直になれないオールドミスと、あまりに素直なプレイボーイ。一見不釣合いなようで、N極とS極のように惹かれ合うというのも何となくわかる。ベネチアの観光PR映像としては最高の出来。温暖化で水没してしまわないうちに一度は訪れてみたい。 (緑雨)[投票(2)]
★3「(あなたの行動が)理解できないわ・・。」「世の中の美しい物は、大抵理解できないものなんだ。」・・・・・すっげーー! [review] (きわ)[投票(2)]
★3このキャサリン・ヘプバーンの顔面はすべての瞬間において「孤独」の相を示している。それは旅行者の、という以上に絶対的な/実存的な孤独だ。その孤独の深さが作品に単なる観光メロドラマ以上の陰影を与えている。ヒルドヤードの撮影も上々。無人の町の画面がまるで世界の終わりの風景のようなテクニカラーのベネチア。 (3819695)[投票(1)]
★3女の一人旅。無意識に奇跡を求める心。願望と羞恥の葛藤に悶える女の妄想一人相撲。非白黒としてのカラー映像。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(1)]
★3頑固で気難しいアメリカ女がベネツィアへ一人旅。イタリア男は既婚だろうがなんだろうが一人旅の女には声をかけずにはいられないらしい。似た者同士お似合いな感じ。好きにヤっちゃって。 (IN4MATION)[投票]
★3ベネチア見たさに借りたがいまいち。キャサリンはいいけど、イタリア男の方が旅の恥はかき捨て!楽しんだもの勝ちだぜ!っていう感じがして薄っぺらい。 (TOMIMORI)[投票]
★3素敵な話だがこの物語ならキャサリンじゃなくオードリーの方を起用した方がさらによかったんじゃない? (TO−Y)[投票]
★2なんじゃこりゃ・・この女性主人公にイイトコあるんですか・・・・・。 [review] (ヤッチ)[投票(1)]
★2好みじゃない [review] (おーくらくん)[投票(1)]
Ratings
5点7人*******
4点43人*******************************************
3点38人**************************************
2点6人******
1点0人
94人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
舞台が好き!〜舞台劇を原作にした映画たち (イライザー7)[投票(7)]夏をあきらめて (minoru)[投票(4)]
いろんな巨匠の私が選ぶ1番好きな作品。 (わっこ)[投票(4)]列車と聞くだけで興奮する (chokobo)[投票(3)]
キャサリン・ヘップバーン (わっこ)[投票(2)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「旅情」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Summertime」[Google|Yahoo!]