コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ヒア アフター (2010/)

Hereafter

[Drama]
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ / フランク・マーシャル / ピーター・モーガン / ティム・ムーア
製作クリント・イーストウッド / ロバート・ロレンツ / キャスリーン・ケネディ
監督クリント・イーストウッド
脚本ピーター・モーガン
撮影トム・スターン
美術ジェームズ・J・ムラカミ
音楽クリント・イーストウッド
衣装デボラ・ホッパー
出演マット・デイモン / セシル・ドゥ・フランス / フランキー・マクラレン / ジョージ・マクラレン / ジェイ・モーア / ブライス・ダラス・ハワード / マルト・ケラー / ティエリー・ヌーヴィック / デレク・ジャコビ / ミレーヌ・ジャンパノイ / ステファン・フレイス / リンゼイ・マーシャル / スティーヴン・R・シリッパ / ジェニファー・ルイス / ローラン・バトー / トム・ベアード / ジョージ・コスティガン
あらすじパリ…フランス人記者のマリー(セシル・ドゥ・フランス)は休暇でアジアに滞在中に天災に巻き込まれるが奇跡的に助かる。サンフランシスコ…工場勤務のジョージ(マット・デイモン)は堅実に働いているが、元霊能力者であり、その事から距離を置きたいのに,周囲がそれを許さない。ロンドン…双子のマーカスとジェイソン(フランキー・マクラレンジョージ・マクラレン)はシングル・マザーの家庭で貧しいながらも健気に生活しているが、ある日、突然に悲劇が襲う。3つの都市で、それぞれに生きる人々。世代も性別も異なる彼らだが、やがて幾つかの偶然が重なり…。 (TOBBY)[投票]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5人は分かり合えない。理想郷も存在しない。 [review] (ドド)[投票(2)]
★4映像表現がうまい。バカンス中のけだるい明るい朝。太陽がいっぱいに入りこもうとしているベッドの表情の柔らかさ。そっと女はベッドから降り、朝市に土産ものを買いに出かける。本当に自然だ。すーと映像に入ることができる。 [review] (セント)[投票(7)]
★4マイケル・オーウェンズの最高傑作。人々や建造物をことごとく薙ぎ倒し呑み込んでゆく津波がかつてないディザスタ・パニックの光景を呈示する。セシル・ドゥ・フランスが息を吹き返す場面で炎上する船舶を後景に見た仰角カット、地下鉄駅から煙が溢れ上がる俯瞰カットも『』に迫る黙示録的画像である。 [review] (3819695)[投票(7)]
★4まあ作風自体はいつも通りといえばいつも通りの、あまり力みのない感じ。ただし、出来上がった映画は一風変わった謎の代物である。パンフに載ってる黒沢清青山真治の評が的確すぎて、それ以上のことは何も言えないんだが。 [review] (赤い戦車)[投票(4)]
★4宣伝では大作のような扱いだが、基本は穏やかで美しい物語だ。たぶん意識して加工された抑え目の色合いが作品とマッチして効果的。皆、心に小さな哀しみを持っており、それを互いに支え合って生きている。マットの存在は出しゃばりすぎず、かといって埋もれもせず、実にいいポジションにいる。そして何より半分以上をフランス語で埋めた本編の英断に拍手。 [review] (tkcrows)[投票(3)]
★4拠り所を失い彷徨う魂のミクロな邂逅の物語がスペクタクルを混じえた巨視的視座で語られつつ、でも、あくまで奥床しいあたりがキェシロフスキ的とさえ思わせる。達観したかのような新たな境地を垣間見せたイーストウッドに驚愕した。 (けにろん)[投票(3)]
★4クリント・イーストウッド監督のねとーっとしたまなざしは大抵の場合意地悪で不愉快ながらも目を離せない引力があるのだが、この映画では終始暖かい印象を持っているのは制作陣にスピルバーグが混じっていることが大きな要因なのだろうか。 (サイモン64)[投票(1)]
★4ジミー大西の魂を眺める享しみを可能にする技術的欺瞞は、暗愁も久しい彼の顔面に微笑が宿るに至り、造形の官能性で以て不毛な自然のスペクタルを圧倒する。その様子を宇宙の中心たる料理教室からシェフが牧者のようなまなざしで見守っている。 (disjunctive)[投票(1)]
★4なんかちょっと強引な終わり方のような気もしますが、全体としては素晴らしい作品でした。(2011/10/13) [review] (chokobo)[投票(1)]
★4確実に、そして当然とも言えるイーストウッドの変化。まるで村上春樹みたいな話だ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★4あんな料理教室があったら通ってみたい。 (TOMIMORI)[投票]
★4美しさと、余韻がとても良い。題材と冒頭からくる印象とは違って、とても穏やかな作り。 (あちこ)[投票]
★3圧巻きわまる天災の迫力と、有無を言わさぬ人災の不意打ち、そして迷走する脚本の不出来ぶりのみ印象に残る困った映画なのだが、前後の脈略など気に止めることなく切々と画を作り、淡々と話を進めるイーストウッドの超ストーリーテラーぶりに呆れつつも感嘆す。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3見応えのある部分と御座なりな部分が混在している。イーストウッド作品にしては珍しく中だるみを感じた。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★3欧州キャストが失敗している。『ミュンヘン』のスピルバーグや『イングロリアス・バスターズ』のタランティーノほどのヨーロッパへの執着がイーストウッドにはないにしても。 [review] (shiono)[投票(1)]
★3どこか醒めたような調子で最後までいく。観ているほうも傍観者になってしまう映画。 (モロッコ)[投票]
★3間違っても、丹波哲郎みたいにならないで欲しい。 (らーふる当番)[投票]
★3主人公の描写はまだ許されるが、私としてはヒロインの心の向かい方がどうにも腑に落ちなかった。☆3.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3映画的快感に溢れた作品とは言える。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3「本物」を生のTV映像で見たその日に鑑賞。ちょっと自己嫌悪になりながらも、「生きている今」のありがたさを噛みしめている。 [review] (プロキオン14)[投票]
★3イーストウッドの熱を感じない。『チェンジリング』や『グラントリノ』は溢れんほどに、そして『インビクタス』でも感じ取れたその熱がない。それをマイナスと感じるか、それはそれで良しとするかで評価が割れると思う。 [review] (Master)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点43人*******************************************
3点34人**********************************
2点0人
1点0人
82人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
霊界を意識した作品 (りゅうじん)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ヒア アフター」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Hereafter」[Google|Yahoo!]