コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ヒーローショー (2010/)

[Drama]
製作総指揮大崎洋
製作岡本昭彦 / 片岡秀介 / 仲良平
監督井筒和幸
脚本井筒和幸 / 椎名保 / 羽原大介 / 吉田康弘
撮影木村信也
美術津留啓亮
音楽藤野浩一
衣装星野和美
出演後藤淳平 / 福徳秀介 / ちすん / 米原幸佑 / 桜木涼介 / 林剛史 / 阿部亮平 / 永田彬 / 石井あみ / 結城しのぶ / 大森博史 / ジェントル / 千葉ペイトン / 飯島洋一 / 筒井真理子 / 木下ほうか / 升毅 / 光石研
あらすじお笑い芸人を目指すユウキ(福徳秀介)は、先輩で元相方の剛志(桜木涼介)に誘われたヒーローショーのバイトで思わぬトラブルに巻き込まれる。ショーの司会役で剛志の恋人美由紀(石井あみ)に、メンバーのノボル(松永隼)が手を出した。激怒した剛志は、知り合いの人間凶器のような男、鬼丸(阿部亮平)に相談。鬼丸は金を巻き上げようとノボルと仲間の勉(米原幸佑)を襲撃する。ボコボコにされた二人から相談を受けた勉の兄拓也(林剛史)は、元自衛官で気性の激しい勇気(後藤淳平)をかつぎ出し逆襲をくわだてる。止めどない暴力の嵐。いつしかユウキ(福徳)も、その只中にいた。(134分/シネマスコープ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全32 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ヒーローショー』と私のリアル、ふたつのリアル。 [review] (林田乃丞)[投票(8)]
★5暴走と空回りの末に去来する無力感。この「何もなさ」への帰結は、時代の生ぬるい甘やかしに無自覚に甘え、いつまでも立ち位置定まらぬ、もうガキとは呼べない平成のガキどもへの警鐘なのだ。今どきの若者たちを支配する空疎を、おせっかいにも井筒は憂いているのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(8)]
★5この映画の夜は暗闇ばかり。その闇が若者のどん詰まり感と行き場のなささを象徴している。このヒリヒリするような焦燥感が実に胸くそ悪いのだがそれがリアル。 [review] (すやすや)[投票(3)]
★5些細なリアリズムの積み重ねによるミクロな小競り合い。そのド本気の錯綜だけでも見応えはあるが、混沌と拡散の果てに、そこには留まらない俯瞰的な時代観のようなものが現出してくる。『ガキ帝国』への本家帰り。そして、後藤淳平の想外の役者力。 (けにろん)[投票(3)]
★4井筒和幸の得意とするチンピラ群像劇でありながら、今までにない厳しさが全編を貫く。若者の暴力のエネルギーを肯定的に描き続けてきたこの監督が、突如としてこのような作品を突きつけてきたことが、僕には驚愕だった。 [review] (太陽と戦慄)[投票(8)]
★4二〇一〇年日本のシネスコ暴力映画その一。終わってる感・人生詰んでる感が凄まじい。青年のひとり暮らしの部屋も深夜の地方コンビニも大学の学生食堂もあらゆる風景が行き詰まって息詰まって。脳の線が切れた若者たちの自滅的な暴力連鎖もデッドエンドに吹き溜るばかりでまるで生命のきらめきを反映しない。 [review] (3819695)[投票(7)]
★4「孤族の国」の物語。肥大化しながら行き場を失った自意識の掃きだめで、一瞬暴発する「俺を見ろ!」という叫びの矛先の狂いが人生を殺す。夢とその残骸が氾濫し、つながりの方法を様々に獲得しながらつながりが崩壊している、これはまことに現代日本的なテーゼである。極めて不愉快だが実にリアル。この無為な暴力連鎖物語は対岸の火事ではない。私たちは覚悟を問われている。 [review] (DSCH)[投票(4)]
★4暴力をどう撮るかは、文化の違い。欧米にはホラーと拳銃がありますが、日本にはヤンキーがいます。土を掘るユンボもあります。 [review] (まー)[投票(4)]
★4個人的にはキレキレサーファー兄弟のイカれた報復姿をもっと見たかったし、ユンボおやじの憎々しいまでのゆすりテクに翻弄される議員の息子達をバキバキに描いて欲しかった。ただ、圧巻のリンチが余韻冷めやらぬうち突入するメロウな後半戦こそが若者・そして現代社会が内包する矛盾点を曝け出していると思う。 [review] (クワドラAS)[投票(4)]
★4井筒作品にみる、無軌道と無気力の違い [review] (田邉 晴彦)[投票(3)]
★4前半、「事件」が起きるまでの展開はテンポも抜群に良く、軽妙なノリで引き込む。突如ブラックに暗転するあたりも含め、タランティーノかコーエン兄弟かと思わせるくらい。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4井筒は何で素人で撮るのがこんなに上手いのだろう。練られたホンも上等でいいブラックジョーク満載。真夜中にクルマで仇を探すときの唱和「真っ黒クロスケ出ておいで」が好き。 [review] (寒山)[投票(1)]
★4肉体的にも精神的にも痛ーい作品。と同時に、最近実生活で痛めつけられる機会が少ないことを実感。いや、痛くないのではなく痛みに気付かないふりしてるだけなのでは?とも思う。みなさんは素直に痛んでますか? [review] (パグのしっぽ)[投票(1)]
★4社会の狭間にいる青年たちの日常を鋭く見つめた青春の一編、と通り一遍風にこう書いちゃえばば何となく自分自身が高踏的で厭な人間に思えてくるほどだ。 [review] (セント)[投票(1)]
★3ウンコヤンキー蔓延る世間にカチコミ。批評の法度を破って書くが、かつて不幸にして失われた命の責任を背負い続けて映画を撮る監督ゆえの、実感を伴った命の重さ、その生々しい手触りが確かにあると感じる。冷酷のようで愛情を秘めた力作。でもおっかないのでもう観ません。 (ペンクロフ)[投票(2)]
★3まさしく現代に甦るATG!こんなのを作る人がいるってだけでなんか嬉しくなります。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3狙い通りかもしれんが、ジャルジャル二人の見方が変わる。コントの力。 (らーふる当番)[投票]
★3井筒和幸はどうしても『パッチギ』から離れられないらしい。 [review] (chokobo)[投票]
★3井筒監督は陰湿な人間関係が大嫌いだから、精神をいたぶる軟弱な苛めを描かない。だから、外見と内面が見事に一致した単細胞青年が量産される。撮影スタジオのような昭和の熱気は大きな魅力だが、細部に丁寧さを欠く脚本に不満も多い。 [review] (shiono)[投票]
★3あふれるような負のパワーはすごいが自分の趣味とは合わない。なんだか「マジメに物事考えんとおったらこうなんのやで」と、ある種の「自己責任」論を説かれているようでもあった。 [review] (シーチキン)[投票]
★2ヤンチャが行き過ぎた若者達のケチな復讐合戦が行き着く所まで行く事件のリアルな再現フィルムみたいな感じ。面白いと言えば面白い。 (考古黒Gr)[投票]
★1「グラントリノ」にすごく衝撃を受け、同じような映画を撮りたいが、「パクった」と言われるのが怖いので、そこそこ味付けして自分で考えたようにしてみました・・的な映画ですね。つまんね。 (river)[投票]
★1こんな胸糞悪い映画は初めて。借りパクにも度が過ぎますよ。監督。 [review] (Soul Driver)[投票]
Ratings
5点10人**********
4点26人**************************
3点16人****************
2点2人**
1点3人***
57人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
実際に起きた事件や犯罪、犯人をモチーフとした映画 (脚がグンバツの男)[投票(18)]
Links
検索「ヒーローショー」[Google|Yahoo!(J)|goo]