コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

東京オリンピック (1965/)

[Documentary]
監督市川崑
脚本市川崑 / 和田夏十 / 白坂依志夫 / 谷川俊太郎
撮影林田重男 / 宮川一夫 / 長野重一 / 中村謹司 / 田中正
美術亀倉勇作
音楽黛敏郎
出演三国一朗
あらすじ名匠・市川崑監督が撮り上げた東京オリンピックのドキュメンタリ作品。ドキュメンタリー作品であるが、市川崑独特の映像センスで聖火リレーから体操や陸上競技、水泳などを様々なアングルからスローモーションや特定音声の絞込み、ストップモーションなどを駆使して作られた芸術的にも評価の高い作品。 (kinop)[投票]
Comments
全34 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5肉体ではなく精神が躍動する美しさ。デフォルメされた音響により、その躍動美は観る者の精神をさらなる高揚へと導く。勝敗はもはや意味を失い、そこにスポーツの本質が露呈する。祭典に集う人々の心を映像と音で捉えようと試みたスポーツドキュメンタリーの傑作。 [review] (ぽんしゅう)[投票(9)]
★5これはビックリ!とにかくビックリ! [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★5会場を作るために東京を破壊するところから始まるんですね。ここはすごい。依田郁子の王将の鼻歌、普通の選手の人間味。都市の再生まで表現して市川昆の最高作。 (セント)[投票(3)]
★5カメラアングルがすごい。特に足に注目したアングルが素晴らしいですよ。この映画を観た後は、走るよりも、運動する人を撮りたくなってくる。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(2)]
★5単なるドキュメンタリー記録映画と思うなかれ。非常に叙情的な感性の光る詩的な作品。スポーツの躍動と内面的な部分を見事に描ききっています。色あせない名作。 [review] (TOBBY)[投票(2)]
★4開始5分で涙腺が緩み、20分後には涙が止め処も無く流れた。絶対悪だった「日本」へ聖火と世界中の人々が集まってくる。もてなす日本。「すべて」を過去形にする事が出来た日本人最良の日々を描く30分間。 [review] (sawa:38)[投票(4)]
★4NHKでやるような記録映画を想像していると、オープニングから市川崑らしい不気味さで、いきなり普通の記録映画では無い。['07.3.20DVD] [review] (直人)[投票(4)]
★4まさかオリンピックのドキュメンタリー映画で泣いてしまうとは思ってもみませんでした。 [review] (づん)[投票(3)]
★4スローモーション使ったスタート前のピン打つシーンとか、できあがった画面考えてやってるな、と思いました。ドキュメンタリーは演出の力が大きいと思い知らされた。 (ぱーこ)[投票(3)]
★4もしかしたらもっと違う形での素晴らしい記録の残し方もあったかも知れないものの、やはりこれはこれで素晴らしい、ときっとこれからも語り継がれるだろう。そうと断言できるこだわり抜いた末の良質の成果。 [review] (おーい粗茶)[投票(2)]
★4 まだ、商業主義に毒されておらず、純粋にスポーツの、そして平和の祭典であったオリンピックを芸術的に記録しています。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(2)]
★452年後(2016年)に観るとなんとも複雑な感覚を覚える作品です。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
★4芸術作品。ドキュメンタリーではなく市川監督の芸術作品。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4あの時の日本は強かったなあ。 (りゅうじん)[投票(1)]
★3この映画の退屈さは、修辞的な美しさばかりに捉われ音律(躍動)を伴わないポエムの退屈さに似ている。第一、市川は普段、こんなこまっしゃくれた表現をしていない。 (町田)[投票(2)]
★3今と違って整然とした行進や簡素な点火式に泥だらけのトラック等・・・、興味ない競技が延々続くと少しダレるが、いちいち発見があって飽きない。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3オリンピックをスポーツの祭典としてというより,人間ドラマとして綴った秀作。これは単なる記録映画ではない。 [review] (ワトニイ)[投票(1)]
★3さすがの市川も、「外人こんなに来日してます、すごいすごい、日本は完全に復興しました。」という幼稚な喜びが見え隠れして観ていてちょっと恥ずかしくなった。リーフェンシュタールには完全に負ける。 (りかちゅ)[投票]
★3政治に敏感な眼差しとしては、肉体そのものに向かってはかえって気まずい。肉体はメカとセットで考えてやることで中性化し、それでも不足とするなら、運動の線形そのものまでに抽象化したくなる。エンジンと瓦屋根、タイプライターの鍵盤と人の皺、そして重力に抗う筋肉と懸架のたわみ。 (disjunctive)[投票]
★3事前取材で固めた筋書きから踏み出せない現在のスポーツドキュメンタリーと比べると、ある種、無頓着の爽快さを感じることは確か。 [review] (G31)[投票]
★3 中学の時学校の体育館で観た。記録映画らしからぬ構図にとにかく驚ろき感動した。市川昆だったのか。 (シプ)[投票]
Ratings
5点20人********************
4点38人**************************************
3点27人***************************
2点2人**
1点0人
87人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
走る映画 (スパルタのキツネ)[投票(17)]映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]
堂々?日本史 (アルシュ)[投票(15)]男もすなる脚本というもの女もしてみんとてするなり (ぽんしゅう)[投票(11)]
映画で日本の旅をする (TOBBY)[投票(11)]ジャパネスクin5大国際映画祭 (けにろん)[投票(11)]
続・キネ旬ベスト10・最多ランクイン監督は誰だ!  (ぽんしゅう)[投票(8)]皇族を演じた俳優たち (TOMIMORI)[投票(5)]
日本映画興行収入 暦年ベストワン作品一覧 (寒山拾得)[投票(5)]厳選・私の“びっくり映画”15本の巻 (ぽんしゅう)[投票(3)]
映像が素晴らしい (TOBBY)[投票(1)]
Links
検索「東京オリンピック」[Google|Yahoo!(J)|goo]