コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― (2009/中国)

Red Cliff: The Decisive Battle
Red Cliff: Part II

[Action/Drama/War]
製作総指揮フー・シャオフォン
製作ジョン・ウー / テレンス・チャン / ハン・サンピン
監督ジョン・ウー
脚本ジョン・ウー / チャン・カン / コー・ジェン / シン・ハーユ
撮影リュイ・ユエ / チャン・リー
美術ティム・イップ
音楽岩代太郎
衣装ティム・イップ
出演トニー・レオン / 金城武 / チャン・フォンイー / チャン・チェン / ヴィッキー・チャオ / フー・ジュン / リン・チーリン / 中村獅童 / ユウ・ヨン / バーサンジャブ / ホウ・ヨン / ソン・ジア / トン・ダーウェイ / ザン・ジンシェン / チャン・サン
あらすじ長江の赤壁にて睨み合う二つのの軍勢。一方は数十万の兵を従える曹操軍。しかし慣れぬ土地に兵らの中で疫病が発生する。かたや兵力5万の対岸の孫権・劉備連合軍は、劉備が撤退。結束が緩む中、周瑜(トニー・レオン )と契りを交わした軍師-孔明がひとり孫権軍に残り策を練る。多数の兵と武器を失った彼らに策はあるのか。その最中、周瑜の妹-尚香は曹操軍に潜入する(144分)。 [more] (chilidog)[投票]
Comments
全46 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ここまでされれば、もう堪能するしかない。原作未読のため、原作と比較する労力がいらなかったのも良かったかもしれない。前半のじっくり描かれる人間ドラマ、孔明の奇想天外な見事な策略、じりじりした最終決戦へ向けての緊張感、最後の度肝を抜く怒涛の突撃と、終始ハラハラドキドキしっぱなしだった。批評はもうどうでも良い。というか、できない。これだけの作品を制作した熱意にただ脱帽するしかない。 (ことは)[投票(3)]
★5批評とか評論とかを超えた作品だった。 [review] (chokobo)[投票(3)]
★4どうでもいいけど、突っ込まずにはいられない→「トニー・レオン、あれだけの団子を一口じゃ無理だろ!」 [review] (takamari)[投票(3)]
★4花火大会を観に行ったときのような感動があった。 [review] (G31)[投票(2)]
★4ベタな話をわかり易い演出で描いた大衆娯楽映画の王道。これを三国志と呼ぶのに異論はありそうだが、スペクタクル巨編と見れば特に文句はない。お疲れさまでした。 (ぱーこ)[投票(2)]
★4細かいことは気にすんな! [review] (TM(H19.1加入))[投票(2)]
★4有名な三国志を材料に多少主役を変え人間味豊かな、且つ手作り娯楽作に徹した大作だ。 [review] (セント)[投票(2)]
★4りかちゅは自衛隊出身ながら戦争映画は史劇しか受け付けません。パート1は大した事なかったのであまり期待していなかったのですが、これは迫力満点。 [review] (りかちゅ)[投票(1)]
★480万の軍勢というのだから、矢の飛びっぷりも火薬の量もありかもしれない。中国のスケールの大きさを堪能させてもらえた。前半じらされて期待が高められたのも良かったのだろう。2009.5.3 (鵜 白 舞)[投票(1)]
★4時間が気にならず見入ったのは事実。結局、原作ありきでネタバレな映画なので、それ以外の味付けが気になるところだけど・・・ [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★3渡河・上陸作戦を描く映画に課されるはずの空間演出を疎かにしたまま「炎」による画面の粉飾のみで乗り切ろうという魂胆が戦争映画としての志の低さをよく物語っているが、待ち構える敵に向かって前進することの困難については『プライベート・ライアン』以降の映画が越えるべき最低限のラインに乗った描写か。 [review] (3819695)[投票(5)]
★3ごめん、ジョン・ウー。 [review] (ナム太郎)[投票(3)]
★3命運を分ける壮絶な決戦とはいえ、何がどうなっているのか分かりにくい悪ノリぎみのカメラワークとカット割り。そして古典を削ぎに削いでいるはずなのに、冗長とまで感じるテンポの悪さ。蹴鞠の隊長の話とか正直興味ないですわ、ジョン・ウー様。 [review] (chilidog)[投票(2)]
★3戦略や戦術以上に戦闘の描写に軸足が置かれた。この精緻さは驚異的だ。群集戦闘や火器扱いの表現技術の進歩を大いに慶ぶ。一方、従来の良質の戦争映画で重視された空間把握(距離感や温湿度)や兵士にかかる重力の現実感が致命的に失われてしまったことが残念。 (ジェリー)[投票(1)]
★3例えばこれを作ったのがアン・リー監督だったら、尚香を男にしてしまって、さぞかし見応えのある物語を作っていたかもしれないですね? [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3猛将の大見得から国を挙げての玉砕模様に軸足をシフト。嘘臭さを肯定して出発した前編を何故か相対化する中途半端なシリアスがこれまた滑る。一貫せい。それでも決死戦の業火に挿入されるリー・チーリンの涙のおかげで冷酷な点数をつけられない・・・ [review] (DSCH)[投票]
★3Part I:エロポイント30・・・Part II:エロポイント10、という見方しかできません。 (PaperDoll)[投票]
★3隊長が、あんなに前に出て戦ってたのかな?とか、横山光輝のマンガを読んで育った僕には、どうしても違いが気になって仕方ありませんでした。 (ぱちーの)[投票]
★3ジョン・ウーは、もう枯れたのか、とか思ってしまう。 (Carol Anne)[投票]
★2「言いたいことは色いろあるさ、でも・・・・」って感じで語りたかったけど、良かった部分があんまり思いつかない。「張飛」というキャラクターは凄いなぁ、って再認識したって事ぐらい? [review] (佐保家)[投票(2)]
★2冗長。尚香と蹴鞠の隊長とのエピソードとか蛇足もいいとこ。盛り上げどころがことごとく肩透かしだし(孫権の出陣前の演説とか。「帰ってから家族団欒を楽しもう」ってそんなんで燃えるか!)、個々のキャラの見せ場たる戦闘シーンはPart1のほうがずっとかっこよかった。あと曹操、「乱世の姦雄」がお茶飲んでて戦機を逸するって情けなすぎだよ…。 (イリューダ)[投票(2)]
★2クライマックスの紅蓮の炎の美しさや、これこそ人海戦術とばかりにばたばたと倒れる兵士の屍を乗り越えて突き進む合戦シーンはさすがに見応えがあったが、そこにいたるまでがあまりに冗長すぎる。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
Ratings
5点9人*********
4点41人*****************************************
3点51人***************************************************
2点13人*************
1点1人*
115人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Red Cliff: Part II」[Google|Yahoo!]