コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ICHI (2008/)

[Action/Drama/Romance]
製作総指揮遠谷信幸
製作東信弘 / 梅村安 / 吉田浩二
監督曽利文彦
脚本浅野妙子
原作子母澤寛
撮影橋本桂二
美術佐々木尚
音楽リサ・ジェラール
出演綾瀬はるか / 大沢たかお / 中村獅童 / 窪塚洋介 / 柄本明 / 竹内力 / 利重剛 / 佐田真由美 / 杉本哲太 / 島綾佑 / 横山めぐみ / 渡辺えり
あらすじ人と関わり合うことを拒否しながら一人旅を続ける瞽女(こぜ=盲目の女芸人)、市(綾瀬はるか)。旅の浪人・藤平十馬(大沢たかお)は野盗とのいざこざに巻き込まれた彼女を助けに入るが、市は役に立たない十馬を尻目に、その野盗5人を易々と斬って捨ててみせる。美しい容姿に不似合いなその凄腕の居合に興味を抱く十馬。そんな二人が辿り着いた美藤の宿は、野盗の頭目・万鬼(中村獅童)の力によって支配された町だった。120分。PG-12指定。 (Myurakz)[投票]
Comments
全21 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4最後の最後があっけなさすぎなんじゃないの? 主役は市じゃなかったんですか? でも、綾瀬はるかを初めて可愛いと思えました。甘めの4点。しかし、この監督は窪塚クン、相当好きだね。僕も好きだからいいんだけど。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★44点中、綾瀬はるかで70%、その他で30%。期待度が低かった分高得点。 (二液混合)[投票]
★3その“境目”は私にはまだ分からない。 [review] (Walden)[投票(7)]
★3憂いをたたえ、虚空を見据える綾瀬はるかの美しさに、ニューヒロイン誕生の予感が漂うも、その美はあくまで綾瀬自身のそれでしかなく、人斬り離れ瞽女の狂気や悲哀の表出として物語に定着しない。単調な脚本と力点のずれた演出が犯した罪は邦画界にとって重い。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★3綾瀬はるかの佇まいは大変に美しい。これはもう完全無欠に美しい。ただ映画全体を見ればまぁこんなもんかと言うか、良くも悪くも期待値通りでしかなく、これだけの凄玉を有してるんだからやっぱりもっとイケた、もっと飛べた映画だと思うんだよ。 [review] (Myurakz)[投票(5)]
★3大沢に見せ場を作らなければならなかったのか、クライマックスが分散してしまった印象。それでもそれぞれが濃ければまだ許せたのだが、そちらも散り散り。観客は綾瀬の大立ち回りさえ見られれば満足だったはずなのに。窪塚や中村は前作繋がりでの出演なのか、これはどう考えてもミスキャスト。窪塚は三下のチンピラのほうが似合うし、中村は外連味たっぷりだが、ほぼ上っ面。残念。 (tkcrows)[投票(3)]
★3何故今、市なのか、それも女座頭市なのか分からないまま映画を見てしまったが、思ったより映像は美しくしっかりと作ってある。まあ、ハナシが完全に「用心棒」のパクリだが、パロディにしようとしない何かも感じられた。 [review] (セント)[投票(3)]
★3せっかくの奇抜な設定も、脚本の未熟さで活かしきれなかった印象。 [review] (づん)[投票(2)]
★3いちいち刀が抜けない様子がイラっとする。 (TOMIMORI)[投票]
★3単なるアイドル映画におさまらない面白さはあった。でもそこまで真面目に作る気ならもっともっとハードボイルドにして欲しかった。 [review] (Soul Driver)[投票]
★3はるかちゃんには悪いが3点しかあげれない。アイドル映画としても時代劇としてももう一つ。撮影も脚本も力が入っているのは認めるが、編集が良くないしストーリーも類型的で面白みに欠けた。 (KEI)[投票]
★3綾瀬はるかに市をやらせよう!というコンセプト自体は理解できますが、実質上の主役が大沢たかおってのは一体どういうこと!?また活劇に仕上がってない点にも不満。こいつは脚本に難あり過ぎってやつですか。 (takamari)[投票]
★3○○制作委員会、○○放送局、○○広告会社。この3点セットで作られた映画にはすごいのはないような。2点か3点の映画ばっかりのような。もうちょっとシステムを変えてほしいな。 (minus-zero)[投票]
★3タイトルは「綾瀬はるかのICHI!」にするべき。綾瀬はるかのプロモーション映画としては十分満足。(090921) [review] (しど)[投票]
★3良く出来たニセモノって感じです… (billy-ze-kick)[投票]
★3肝心の殺陣のシーンに興ざめでした。しょぼすぎる。緊迫感というか緊張感が感じられらなった。ドキドキしなかったのですよ、見ていて。絵は全体を通してきれいだったので残念。 (Sungoo)[投票]
★3綾瀬はるかの低く構え腰の入った殺陣はかなり良い。刀を小手先で振り回してるだけの『あずみ』の上戸彩や『スカイハイ』の釈由美子とは大違い。スローモーションなどを使わず一気に見たかった。大沢たかおの演技も良かった。それにひきかえ... [review] (ノビ)[投票]
★3綾瀬はるかが美しい殺陣をやる、というだけでいいと思います。少し怒気をはらんで眉をひそめる顔も綺麗なんだよね。スクリーンで観るべきですよ。まあ、本のほうはどうでもいい出来なんですが。 [review] (HAL9000)[投票]
★2剣を抜けない大沢たかおが何故あのような決意に至ったのか。盛り上げが圧倒的に足りない。庄内映画村の益々の発展を祈願。 [review] (ガリガリ博士)[投票]
★2最悪、やっつけじゃないっすか。なんでこんなものを借りて2時間も見てしまったのか後悔。ビートたけしの『座頭市』にさえ遥かに及ばない。 (Kafka)[投票]
★2脚本を深く練ろうとして、袋小路に入っちゃった感じ。 綾瀬はるかがカッコヨク立ち回ってくれればそれでokなんだけど、  肝心の殺陣はスローを露骨に多用し過ぎてて大失敗。 ()[投票]
Ratings
5点0人
4点6人******
3点25人*************************
2点4人****
1点4人****
39人平均 ★2.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]盲目 (Lostie)[投票(2)]
Links
検索「ICHI」[Google|Yahoo!(J)|goo]