コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

たぶん悪魔が (1977/)

Le Diable probablement

[Drama]
製作総指揮マルク・モレット
製作ステファーヌ・チェルガジェフ
監督ロベール・ブレッソン
撮影パスカリーノ・デ・サンティス
美術エリック・シモン
音楽フィリップ・サルド
衣装ジャッキー・ブーダン
出演アントワーヌ・モニエ / ティナ・イリサリ / アンリ・ド・モブラン / レティシア・カルカノ / ニコラ・ドゥギー / レジス・アンリヨン / ジョフロワ・ゴーサン / ロジェ・オノラ
あらすじシャルル(アントワーヌ・モニエ)はアルベルト(ティナ・イリサリ)とエドヴィージュ(レティシア・カルカノ)二人の女性に愛され、 一方、環境問題の専門家・ミッシェル (アンリ・ド・モブラン)はアルベルトに好意を寄せるという関係だが、 どこに居ても(政治集会、人権環境保護協会、教会、精神分析)誰と居ても(恋人)満たされず、誰もシャルルを救うことはできない。 1977年ベルリン国際映画祭・銀熊賞(審査員特別賞)[カラー・ヴィスタ/95分] [more] (TOMIMORI)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5地下鉄に乗ったり樹が切り倒されたりするショットが続くだけでやたらに面白い。掃除機と赤いカーペット。環境汚染のフッテージ。いとも簡単に盗まれる拳銃。本筋と全く関係の無い、バスの乗客が乗り降りするカットの異様なかっこよさ。クライマックスの即物的な緊張感も素晴らしい。私は『ラルジャン』より『白夜』かこれですな。 [review] (赤い戦車)[投票]
★5より深く、より漠然とした絶望に取り憑かれた現代のラスコーリニコフには、ソーニャたりえたかもしれない女性すら拒絶し、緩やかに、だがひたすらと自殺へ向かってゆく道しか残されていない。ブレッソン・スタイルの到達点として『ラルジャン』と並んで「映画」を動揺させる傑作。なんという厳しさ! なんという絶対性! [review] (3819695)[投票]
★5「時代は変化するわ」〜〜「どんな時代に?」 大学に入る前後の自分を思い出した。何かに役立てることの出来る自分が「役に立つ」と言うこと自体にに疑問を感じていたころ。私は数学を選んだが、それも同様になにかに「役に立つ」事を要求され続けた。ただ、理由はレビューに書いたが、生き続けている。 [review] (PaperDoll)[投票]
★4アントワーヌ・モニエは『ベニスに死す』のビョルン・アンドレセンを彷彿とさせる美少年であり、独特の退廃感を漂わせている。ブレッソンもヴィスコンティみたく晩年になると美少年を撮りたくなるのかね。 (TOMIMORI)[投票]
Ratings
5点4人****
4点6人******
3点0人
2点0人
1点0人
10人平均 ★4.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「たぶん悪魔が」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Le Diable probablement」[Google|Yahoo!]