コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

サイドカーに犬 (2007/)

[Drama]
製作若杉正明 / 細野義朗 / 柳田和久
監督根岸吉太郎
脚本田中晶子 / 真辺克彦
原作長嶋有
撮影猪本雅三
美術三浦伸一
音楽大熊ワタル
出演竹内結子 / 古田新太 / 松本花奈 / 谷山毅 / ミムラ / 鈴木砂羽 / トミーズ雅 / 山本浩司 / 寺田農 / 温水洋一 / 川村陽介 / 松永京子 / 伊勢谷友介 / 樹木希林 / 椎名桔平
あらすじ薫(ミムラ)の思い出のなかに生きている憧れの女性、ヨーコさん(竹内結子)…彼女は20年前、母(鈴木砂羽)が家出して数日後わが家に突然やって来たのだった。少女だった薫(松本花奈)に「オッス!」と手を上げ、食事を作りに来ただけだからと言う彼女。カッコいいドロップハンドルの自転車に乗り、タバコをスパスパ吸うヨーコさんは、薫にとっては別世界の住人だった。でも、そんな薫にヨーコさんは友人として対等に接してくれるのだった。夢のような日々ののち、ふとした事から諍いになってしまった父(古田新太)に「もう来なくていい」と言われたヨーコさんは、薫を「夏休みにつきあって」と誘ってくる。〔94分/カラー/ヴィスタサイズ〕 (水那岐)[投票(1)]
Comments
全26 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5人ってね、嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになるほうが難しいんだよ。。。』離婚する親は子供に全く経緯の説明もしないし、相談すらしてくれない。弟だった僕は、選択肢すら与えられないまま父に引き取られた。親はね、離婚するのは勝手だけど、安易に先の見えない異性を僕たちに紹介しないでほしい。理不尽な別れが増えるもの。。。レヴューは僕の実体験。。。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★4飼われるのではなく、飼う側になりたいという願望を過剰に持つことでしか不安と自信のバランスがとれない女が、かつての自分に似た少女に見せる共感と優しさ、そして愛する男を飼い続けることの困難さを知った時のたじろぎ。そんな切ない機微を竹内結子が好演。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★4あまりにあっという間に終わってしまうので、少々驚いてしまったが、小品であることに加え、一瞬の、ときの、思い出を切り取った水彩画のような淡いイメージが残像に残る。 [review] (セント)[投票(2)]
★4鑑賞後の一言 「古田新太の名演に拍手」 [review] (ぐ〜たらだんな)[投票(1)]
★4血液型A型 [review] (chokobo)[投票(1)]
★4げに麗しき冗談関係。三木聡かと思った。小物への冗談交じりな薀蓄で話転がす作劇がそっくり。原作がそっち方面なのだろうか。 [review] (寒山)[投票]
★4大人や親も自分と同じような1人の人間だとわかるような経験はとても貴重だと思う。 [review] (蒼井ゆう21)[投票]
★4ああいう頭突きをされるダメ親父にはなるまいと思った。 [review] (Walden)[投票]
★4何かを吹っ切ったような竹内結子や真っ直ぐな演技が微笑ましい松本花奈の好演が光る佳篇。特に2人が自転車で並走するショットが、歳の離れた友達としての2人の関係をうまく表現していて印象に残った。 [review] (ナム太郎)[投票]
★3おおむね面白い話ではあるし、画面も安定感があって見やすい。ただ、監督がこの物語の何処に力点を置いて演出しているのか判らず平板な印象の映画だった。 [review] (林田乃丞)[投票(3)]
★3少女期の薫を演じた松本花奈は成人後のミムラの面立ちと連続性があり、この細かいリアリティにまず好印象。控えめな少女の、相手を見つめる目に宿る訴求力。その彼女を輝かせる光の眩さは、ヨーコ(竹内結子)の存在そのもの。 [review] (煽尼采)[投票(2)]
★3思い出は80年代だよね。描写的に60年代かと思った。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3少女にとって、将来の選択肢として「お母さん」以外に追加された「大人の女」。タイトルと内容との距離感など、どことなくバラつきが感じられるのがやや物足りない。081229 [review] (しど)[投票]
★3子役の松本花奈が抜群に良いし劇伴も良かった。総じて原作の雰囲気をよく捉えていたと思う。元々の洋子さんは西田尚美奥田恵梨華みたいなイメージなのでそこだけちょっと違和感。 [review] (立秋)[投票]
★3正直竹内結子の芝居は好きになれないけど、画の中で本当に美しさを発揮する人だと感心した。あの女の子も個性的に可愛くって、ふにゃふにゃしてるとこなんて特に好きだなぁ。 (あちこ)[投票]
★3大人になった主人公にうまくつながらないのが惜しい。竹内結子の泣き笑い演技には感心。樹木希林が面白すぎる。 (TOMIMORI)[投票]
★3大して面白くもないが、さりとて退屈はしない、といった作品。ただ、観終わった後の印象が薄いのがどうにも。[新文芸坐] (Yasu)[投票]
★2拍子抜け。さぞ竹内結子の「カッコいい」女ぶりが見られるのかと期待していたのだが…根岸監督の人物造形の薄っぺらさは、既に老害の域。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★280年代を描くのは悪くはないが、80年代初頭ってこんなだったか? [review] (BRAVO30000W!)[投票(2)]
★2過去を美化しないという演出方針ゆえ、子どもの頃のヒロインは、成人してからの彼女の視点・価値観・物の考え方によって汚染されている。 [review] (shiono)[投票(1)]
Ratings
5点2人**
4点16人****************
3点19人*******************
2点6人******
1点0人
43人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画の中の自転車たち (立秋)[投票(4)]原作 V.S 映画(邦画編) (ふくふく)[投票(1)]
Links
検索「サイドカーに犬」[Google|Yahoo!(J)|goo]