コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

敬愛なるベートーヴェン (2006/)

Copying Beethoven

[Drama]
製作総指揮マリナ・グラシック / アンドレアス・グロッシュ / エルンスト・ゴールドシュミット / ヤン・ケーベリン / アンドレアス・シュミット
製作シドニー・キンメル / スティーブン・J・リベル / クリストファー・ウィルキンソン / マイケル・テイラー
監督アニェシュカ・ホランド
脚本スティーブン・J・リベル / クリストファー・ウィルキンソン
撮影アシュレイ・ロウ
美術キャロライン・エイミス
衣装ジェニー・テミム
出演エド・ハリス / ダイアン・クルーガー / マシュー・グッド / フィリダ・ロウ / ニコラス・ジョーンズ / ラルフ・ライアック / ビル・スチュワート / カール・ジョンソン / アンガス・バーネット
あらすじ第九交響曲完成前夜、一人の女性がベートーヴェンのもとを訪れる。彼女は音楽学校の俊才で、写譜師(コピスト)の助っ人として呼ばれたのだった。意に反して女性が来たことに驚くベートーヴェンだったが、彼女の才能を見抜くと合唱パートの写譜を任せる。史実上はベートーヴェンには3人の写譜師がいたとされ、2人は名を残しているが、あとの1人は不明。監督はその三人目の写譜師をアンナ・ホルツという作曲家を志す若い女性と想定し、この映画のヒロインとした。アンナとベートーヴェンはやがて深い信頼と師弟愛で結ばれていく。 (jean)[投票(1)]
Comments
全14 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5[Symphonie Nr.9 in d-moll Op.125] remixed by Agnieszka Holland. (浅草12階の幽霊)[投票(2)]
★4いや、僕もダイアン・クルーガーに「Wash Me」されたいよ! [review] (プロキオン14)[投票(2)]
★4ファーストシーンのベートーベンが死ぬ直前に見ている走馬灯のようなフラッシュ的実験的な映像がとても美しく強く印象に残る。 [review] (セント)[投票(2)]
★4後期ベートーヴェンがどう進化していったかについては第九から大フーガまでちゃんと繋がっている。ベートーヴェンの晩年の曲に興味がない人にはこの映画がどこに向かっているかわからないかもしれない。好き過ぎるとそれはこの描写はまた不満かもしらんが。 (SUM)[投票]
★4重厚なベートーベンの交響曲とエド・ハリスの好演で満足感あり。 (RED DANCER)[投票]
★4音楽に主役を取られながらも、ベートーヴェンを演じたエド・ハリス、アンナを演じたダイアン・クルーガーは共に健闘していた。 [review] (jean)[投票]
★4 年末に見るにはぴったりの映画だった。ベートーヴェンがどんな人物だったのか、この映画をとおして初めて知った。頑固で人を平気で罵倒してしまう。おまけに、部屋はものすごく汚くて、そこで水を浴びるものだから、一階に住む人たちはいつも迷惑。専属の写譜師は癌で余命幾ばくもないのに、こき使う。しかし、一方で魚を贈るという気遣いをして見せたりもする。確かにこんないやな親父はどこにでもいそうである。 [review] (breezeskimming)[投票]
★4第九を聞いて涙が出たのは初めてです。(06.12.29@シャンテシネ) (ばうむ)[投票]
★3「第九」初演を再現した映像は、気迫を感じるほどの名場面。そのシーンには拍手喝采の気分だが、物語全体には可もなく不可もなく…。(2006.12.29.) [review] (Keita)[投票(3)]
★3ストーリー的には面白いが、史実とかけ離れ過ぎ。実際には... [review] (りかちゅ)[投票(1)]
★3映像が美しい。特に、冒頭部分。この女性は、架空の人物って所に無理がありました。 [review] (夢ギドラ)[投票(1)]
★3第9を映画化したかっただけに見えるが、その第9を持て余しているのに閉口。所詮クラシックのマエストロを撮れる監督ではなかったのだと思う。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★2焦点が絞られておらず、何が言いたいのかが全く伝わってこない。ベートーヴェンが抱える苦悩が全く胸を打たず、ただの傲慢なおじさんにしか見えない。「第九」の演奏シーンだけ突出した出来であるが、このシーンのお蔭で他の印象が残らない結果に。 (牛乳瓶)[投票(1)]
★1残念ながら何も感じない。第九もそのほかのドラマがしっかりしてなければ成立しない。この作品にはそこがない。ダイアン・クルーガーが演じた女性は実在しないことも今更ながら痛い。ともかく『アマデウス』と比較したら雲泥の差だ。06.10.25 (hess)[投票]
Ratings
5点1人*
4点9人*********
3点12人************
2点2人**
1点1人*
25人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「敬愛なるベートーヴェン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Copying Beethoven」[Google|Yahoo!]