コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

地下鉄〈メトロ〉に乗って (2006/)

[Drama/Fantasy]
製作宇野康秀 / 気賀純夫 / 島本雄二 / 早河洋
監督篠原哲雄
脚本石黒尚美
原作浅田次郎
撮影上野彰吾
美術金田克美
音楽小林武史
衣装石橋瑞枝
特撮松本肇
出演堤真一 / 岡本綾 / 常盤貴子 / 大沢たかお / 笹野高史 / 吉行和子 / 田中泯 / 北条隆博
あらすじ真次(堤真一)は、大財閥の総帥である傲慢な父に反発して家を飛び出し、今では衣料品メーカーのサラリーマンをしている。そんな真次はある日、地下鉄の駅を出たところで異様な光景を目にした。そこは昭和39年の東京だった…。「タイムスリップ?」いぶかる真次だが、いつしか彼の恋人・みち子(岡本綾)も巻き込んで、タイムスリップはさらに続く。そしてそれは次第に、憎んできた父(大沢たかお)の若き日、そして父の恋人・お時(常盤貴子)の姿を知る旅となっていく…。[121分/カラー/シネマスコープ] [more] (Yasu)[投票]
Comments
全27 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5切ないなぁ、切ないなぁ。 [review] (Youichi)[投票(3)]
★4過去と現在をつなぐ設定が、おいおい、というぐらいいい加減だし、登場人物のつながりも説明不足。それでも過去の大沢たかおは、好演してたし、岡本綾も表情の演技がすばらしい。これは、設定を無視して物語に浸るしかないだろうし、そうであれば、十分に見ごたえのある出来になっている。何でそうなるの?と考え出すときりがない。この結末は…予想外だがこれもよしだと感じた。 (ことは)[投票(3)]
★4タイムスリップ…設定自体に突っ込みどころは多々ありますが、話の内容としては、惹きつけられている自分がいました。 [review] (映画っていいね)[投票(2)]
★3すべてが中途半端。 [review] (ぴーえむ)[投票(3)]
★3時代設定を考えると俳優たちが明らかに若すぎだろう。映画化のタイミングの問題だろうが、鑑賞中ずっとその点が気になって仕方がなかった。[中野サンプラザ (試写会)] [review] (Yasu)[投票(3)]
★3これでもか,これでもかとタイムスリップするのだが・・・ [review] (RED DANCER)[投票(2)]
★3男と女の物語であるはずなのに、いまいちキャラクタの造詣が薄い。 [review] (あき♪)[投票(2)]
★3そうなりますかぁぁ [review] (バファロー)[投票(2)]
★3今流行りのレトロものであるが、それほど金をかけていなく、カットも少なめで思ったより簡素だ。タイムスリップものは楽しいが、何故不倫相手の女も一緒にスリップするのかなと思っていたら、 [review] (セント)[投票(2)]
★3道徳心を疑いたくなるような話。気持ち悪い。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★3考えてはいけないお話なんだろうけど、いけない事だったって事だけは確かにわかった。この世界に遭遇してしまった人、誰一人幸せになれてない。まさに罪と罰だ。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★3真摯な造りには好感を抱くも、もっと丁寧に描く場所は他にあったはず。原作を強引に変えてまでのラストエピソードも不発。総体的に静かな印象の原作はそのままでも訴求力は十分あったはず。すべての役者が持ち味が出し切れていないように見えるのはのは総じて監督の責任。 (tkcrows)[投票(1)]
★2とても評価の低い作品のようですが、公私ともに幸薄い岡本綾のあんなシーンやこんなカットが見られただけで何故皆満足したと言えないんだろう。皆もっと素直になるべきだと思う。・・強く思う。 (sawa:38)[投票(2)]
★2設定にがんじがらめになっている映画は面白くもない。しかし設定が野放図な映画がおもしろいとは限らない。 若い役者たちが好演しているが、キャスティングは時代設定も含めてのもののはず。岡本綾の件は、sawa38さんに同意。 (chilidog)[投票(1)]
★2終始無表情で突っ伏した演技の堤真一が気になった。常盤貴子、演技の下手さが目立ちまくり。 (Muff)[投票]
★2昭和の風景は非常にノスタルジーを感じさせますし、出演者の演技も中々良かったのですが・・・・・ [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★2同じような状況の私にとって、最後のほうは心に響くけど。やりすぎやろう・・・ (YUKA)[投票]
★2親は、こどもに、ただ生きていてほしいと願うもの。生きていれば、明日があるし、たとえ今日が苦しくても、罪深くても、いつか明日は幸せになれるかも知れない。本当に、明日があれば... (SF的考察の末) [review] (Lunch)[投票]
★2まぁ<現代>が1990年以前だって事は確かだ。バブル破裂前か。昭和末期か。既に過去だなぁ。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★2浅田次郎の原作に対し、映画としての資質に欠ける。ドラマとしては面白いが映画としての深みがない。残念だ。 [review] (chokobo)[投票]
★1都合の良すぎる時間遡行は、ファンタジーとして見ても正視に堪えない。SF的設定を、身の程を知らない人がさも得意げに操ってみせると、こんな無残な作品が生まれるという好例。子供だまし以外の何物でもない。 [review] (水那岐)[投票(2)]
★1これは「切ない」とかいう類の問題じゃないでしょ。説明不足なだけだ。 そこそこ感情移入していただけに殺意すら覚える。 [review] ()[投票(1)]
★1計算してしまう。岡本綾は、40歳ぐらいの設定??? 感情移入度ゼロ。 (ぱちーの)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点5人*****
3点25人*************************
2点21人*********************
1点6人******
58人平均 ★2.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
タイム・パラドックス (verbal)[投票(13)]地下<そこ>より永遠<とわ>に (死ぬまでシネマ)[投票(5)]
Links
検索「地下鉄〈メトロ〉に乗って」[Google|Yahoo!(J)|goo]