コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

夜よ、こんにちは (2003/)

Buongiorno, notte
Good Morning, Night

[Drama]
製作マルコ・ベロッキオ / セルジオ・ペローネ
監督マルコ・ベロッキオ
脚本マルコ・ベロッキオ
原作アンナ・ラウラ・ブラゲッティ / パオラ・タヴェラ
撮影パスクァーレ・マリ
美術マルコ・デンティーチ
音楽リカルド・ジャーニ
衣装セルジョ・バッロ
特撮クラウディオ・ナポリ
出演ルイジ・ロ・カーショ / マヤ・サンサ / ロベルト・ヘルリッカ / ピエル・ジョルジョ・ベロッキオ / ジョヴァンニ・カルカーニョ / パオロ・ブリグリア
あらすじ1977年、ローマ郊外の貸家に1組のカップルが不動産屋に案内されて来る。実は彼等は「赤い旅団」のメンバーでアルド・モロ元首相(ロベルト・ヘルリッカ)の誘拐を企てていたのだ。アジトとして借りられた家に集まった4人のメンバーはリーダーのマリアーノ(ルイジ・ロ・カーショ)、キアラ(マヤ・サンサ)、エメスト(ピエル・ジョルジョ・ベレッキオ)、プリモ(ジョヴァンニ・カルカーニョ)。そして、78年3月。計画は実行され、モロが拉致されてきた…。2003年ベネチア国際映画祭芸術貢献賞受賞のマルコ・ベレッキオ劇場映画監督第25作。 (けにろん)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★54.5点。冒頭第1カットから息を呑む見事な撮影と照明。映画的なケレン味に溢れるショットを連発し、最終的にはリアルとフィクションの境界を溶融せしめ、ピンク・フロイドの"Shine on you crazy diamond"と"The great gig in the sky"が強烈な哀愁を映像に発散させる。マルコ・ベロッキオ、その名を胸に刻み込んだ。 (赤い戦車)[投票(1)]
★5イタリア映画の真髄を見る思い。ベロッキオの演出が冴え渡る。世界を震撼させた首相誘拐からテロへと移る「赤い旅人」の視点から見た人間の自由とは、、。 [review] (セント)[投票]
★4アルド・モロを監禁する部屋探しの場面から始まる。主人公は赤い旅団のメンバーで実行犯の中では一人だけの女性キアラ−マヤ・サンサ。彼女の職場や生活圏の描写も一部あるが、基本的にモロを監禁した部屋と家屋が、殆どのシーケンスの舞台となる。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★4ピンク・フロイドの「狂ったダイアモンド」が本当に効果的! (TM(H19.1加入))[投票]
★3夏休みの合宿が終わらないような、延滞した非日常が醸すフワフワがある。一方で老人のダンディズムに感化を見出したい自惚れた空想と、それを罰したい自己規制がある。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★3観ている間は、この事件には単なる歴史上の出来事以上の意味があると実感できなかったので、どうも人ごとのような気がしてならなかった。話の“オチ”の処理も若干安易に感じた。[ユーロスペース1] (Yasu)[投票(1)]
★3揺れまくり。革命も、映画作りも覚悟が必要ってね。内容はわかるんだけど、欲求不満が残るものにしてほしくなかった。 (あちこ)[投票]
★3浅間』や『ミュンヘン』に比して手法として扇情的な描写が皆無に等しいのはいいのだが、そこから何を提示したかったのかが今一見えてこない。テロルの「時代」を問うこともなく人間の葛藤や尊厳を突き詰めて提示されたとも思えなかった。 (けにろん)[投票]
★2犯人たちが稚拙に思えました。本人たちなりの確固たる動機が見え難く、些細なことで揺れ動き、それらが結果として詰まらなくしていると思います。 (夢ギドラ)[投票]
Ratings
5点2人**
4点3人***
3点6人******
2点1人*
1点0人
12人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「夜よ、こんにちは」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Good Morning, Night」[Google|Yahoo!]