コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

姉妹 (1955/)

[Drama]
監督家城巳代治
脚本新藤兼人 / 家城巳代治
原作畔柳二美
撮影木塚誠一
美術山崎正夫
音楽大木正夫
出演野添ひとみ / 中原ひとみ / 望月優子 / 川崎弘子 / 多々良純 / 河野秋武 / 内藤武敏 / 北林谷栄 / 加藤嘉 / 殿山泰司
あらすじしっかり者で家庭的な17歳の圭子(野添ひとみ)と、天真爛漫でまだあどけない3歳年下の妹の俊子(中原ひとみ)。二人は、両親(河野秋武川崎弘子)が暮らす山の発電所の社宅を離れ、叔母(望月優子)の家から町の学校に通っていた。たまの休みに帰る山の家では、弟たちや発電所の青年(内藤武敏)、それに村の人たちが温かく迎えてくれる。なに不自由なく青春を謳歌する姉妹だが、冷え切った家族関係に悩む金持ちの友だちや、自らも病みながら病弱な両親の世話にくれる娘、働きに出る金を作るために子を売ろうとする母親や発電所での労働問題など、そんな身のまわりの矛盾に気づき始める。(94分/白黒/スタンダード) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「良質」という言葉がぴったりの作品だ。劇中主人公の父が「人格者」と呼ばれるシーンがあるが、確かに昔は「人格者」が巷にいた。今は「人格者」も住みにくい世の中になった。 (KEI)[投票]
★4野添ひとみの清廉さと中原ひとみの無垢さが理屈や主義を濾過するフィルターとなって、悲惨さを声高に叫んだり嘆いたりすることなく、社会の矛盾が嫌味なく浮かび上がる良心的な社会派映画。両親や叔母叔父の理想的暖かさも、ぎりぎりで臭さを回避する。 (ぽんしゅう)[投票]
★4現実を淡々と描いたその描写や良し。野添ひとみってあまり美人だとは思っていなかったが、この作品ではずいぶん別嬪さんに見えた。[Video] (Yasu)[投票]
Ratings
5点3人***
4点5人*****
3点1人*
2点0人
1点0人
9人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
マイナーな男と呼ばれて・・・ (ぽんしゅう)[投票(17)]わたしの愛した丸顔女優たち (寒山拾得)[投票(6)]
脚本家・新藤兼人 (ぽんしゅう)[投票(6)]むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
Links
検索「姉妹」[Google|Yahoo!(J)|goo]