コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

変身 (2002/)

Prevrashcheniye
Metamorphosis

[Drama]
製作レオニード・ビッツ / オレグ・ラーナー / イーゴリ・ポグレビンスキー
監督ワレーリー・フォーキン
脚本イワン・ポポフ / ワレーリー・フォーキン
原作フランツ・カフカ
撮影イーゴリ・クレバーノフ
音楽アレクサンドル・バクシ
衣装ナタリヤ・イワノワ
出演エフゲニー・ミローノフ / イーゴリ・クワシャ / タチアナ・ラブロワ / ナタリヤ・シヴェツ / アヴァンガルド・レオンチエフ
あらすじある朝、巨大な毒虫に自分がなっているのを発見するグレーゴル・ザムザ(エフゲニー・ミローノフ)。彼はもがきつつ、自分がここにいることを周囲の人々に理解してもらおうとするが、果たせない。部屋を出ることも、食事をとることもできず、彼は追いつめられてゆく。なにも語らず、存在のみによって家族を畏怖させる昆虫の演技の禍々しさには、レオニード・チムツーニクの振り付けも大きく関わっている。ガッチーナ国際映画祭・最優秀主演男優賞、最優秀脚色賞受賞。〔90分/カラー〕 (水那岐)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5耽美というものに、久々に肩まで浸かることができた。幸せ。 (浅草12階の幽霊)[投票]
★4かなり前 (かれこれ10年以上前かな?) に買った文庫、読んでいて不気味と感じたので途中で放棄しました。その不気味さをとてもよくこの映画では表現していたと思う。とてもよく。不条理文学って言うのは、映像化されたモノの方が私は好きかもしれない。04.11.29@ユーロスペース [review] (リア)[投票]
★4グロテスク・ビューティの漸次的な消滅。今時の若者なら『ザ・フライ』を通り越して、『スパイダーマン』の物真似を演じていると見るような現代のグレーゴル・ザムザは、衰弱することでその「愛らしさ」を減じてゆく。 [review] (水那岐)[投票]
★3本作にこそ「絶対に映像不可能と思われていた原作の映画化に成功」というキャッチフレーズをつけてあげるべきなのだろうが… [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(1)]
★2家族の不幸を全面に出した、なんとも凡庸な出来。我々がカフカから継承すべきは、別の豊穣な何かであるはず。凡庸に語りたいのなら余所でやってほしいし、映像にならないなら撮らないでほしい。 (寒山)[投票]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点2人**
2点1人*
1点0人
6人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
私的 〔 映画 vs 本 〕 の関係 (リア)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「変身」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Metamorphosis」[Google|Yahoo!]