コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ゴジラ FINAL WARS (2004/)

Godzilla: Final Wars

[Action/SciFi/Fantasy]
製作富山省吾 / 山中和成 / 鈴木律子
監督北村龍平
脚本三村渉 / 桐山勲
撮影古谷巧 / 清久素延
美術瀬下幸治
音楽キース・エマーソン / 森野宣彦 / 矢野大介
特撮浅田英一
出演松岡昌宏 / 菊川怜 / 宝田明 / 水野久美 / 佐原健二 / 北村一輝 / ドン・フライ / 船木誠勝 / ケイン・コスギ / 水野真紀 / 伊武雅刀 / 長澤まさみ / 大塚ちひろ / 橋爪淳 / 谷原章介 / 原田光規 / 高杉亘
あらすじ近未来。度重なる戦争と核実験は地球環境に異変を生み、太古よりの眠りについていた怪獣たちの覚醒を促した。ここに「地球防衛軍」は組織され、特殊能力を有するミュータント部隊がその先頭に立つこととなった。その一人・尾崎(松岡昌宏)は、若き女性生物学者・音無(菊川怜)の護衛につき、北海道沖より発見されたサイボーグ怪獣のミイラの調査に向かう。時を同じくして世界各地に怪獣が出現、防衛軍の空中戦艦は苦戦する。だが、それらを一瞬にして消し去った存在があった。国連事務総長・醍醐(宝田明)は彼らを友好的な異星人・X星人と呼ぶ。この時ゴジラは、南極の氷の下に葬り去られていた…。〔東宝/125分/カラー/スコープ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全44 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「ゴジラ」という名の超爆裂娯楽映画がハリウッドで作られなかった無念、あるいはゴジラはゴジラを愛している人間達だけのものかという疑問、そして最後の最後で描かれた希望。……って、もう「些細な書き直し」どころじゃ済まされねーよ!! [review] (荒馬大介)[投票(21)]
★5核だとか反戦だとかのテーマが無くシンプルで、怪獣が画面所狭しと暴れまくる、これは本来あるべき”昭和風味”の怪獣映画だ。(M塩基を組み込まれたReviewです→) [review] (アルシュ)[投票(13)]
★4ゴジラが出てきてからちょっとテンション下がったね、このドン・フライ映画。 [review] (Myurakz)[投票(16)]
★4正直、これだけ悲壮な気持ちで観に行って、笑わせられるとは思ってもみませんでした。 [review] (甘崎庵)[投票(15)]
★4 北村龍平を監督に抜擢した英断には拍手を送りたい。映画の仕上がりはというと、まあ、北村映画ですな。いや、それでいいんです。監督が思うままの映画をつくればいいんです。ただ…… [review] (空イグアナ)[投票(15)]
★4地球をリングに見立てた怪獣バトル。それぞれの怪獣の入場にテーマソングをつけたいぐらい。ゴジラものには20年程のブランクのある私ですが十分堪能しました。マラソン完走後で一杯やった後の鑑賞で眠くならなかったのは結構凄いこと。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(7)]
★4一緒に行ったファンの子は若干キレ気味だったですが、ネタの多さには納得した様子でした。その時は言いませんでしたが、私は本気で映画として面白いと思ったのです。ゴメンネ [review] (ミュージカラー★梨音令嬢)[投票(6)]
★4ジャンプ競技とゴジラ [review] (torinoshield)[投票(5)]
★4総合格闘技系ゴジラ。リングアナの絶叫紹介がないのが不思議な程。血沸き肉踊れ!「お前らに教えといてやる。この映画に不必要なものは、女優ヅラした東大出の女と安っぽい音楽、そしておサムいギャグだ!」(ドン・フライ艦長〜玄田哲章風に読んでね) [review] (chilidog)[投票(4)]
★3子供には怪獣バトル、お父さんには太もも、女性には松岡、格闘技ファンにはドン・フライ、オタクには昭和の東宝特撮への目配せ、と全方位娯楽映画を目指しているのには(もっと独善的なものを想像していたので)びっくり。しかしこの映画は昭和ゴジラを超えたか? [review] (ジョー・チップ)[投票(16)]
★3全ての一郎少年へ。雨や風に負けないんだ。 [review] (kiona)[投票(14)]
★3昨年のゴジラは大変好みだったが、そこに無かったものを挙げろと言われれば「若さ」だったかも知れない。この作品には、デキ云々はともかく「若さ」に溢れていた。それを心地よく感じたのは、今のゴジラシリーズに一番必要なものはそれだったということだろう(2004/12)。 [review] (秦野さくら)[投票(11)]
★3そもそも、ココにコメント書いてるような奴等は東宝のマーケティングの対象になってないんだよ。・・・・(僕らは「彼」に何を求め続けてきたのか?) [review] (sawa:38)[投票(9)]
★3「東宝チャンピオンまつり」テイスト復刻の出来レースと割り切ったサバケ方は方法論としては有りとも思うが最後を謳うのなら矢張り王道でいって欲しかった。何より北村の志向が怪獣よりミュータントの肉弾戦に有るのが失礼と思う。この男抽斗が少なすぎ。 (けにろん)[投票(8)]
★3涙をのんで★3にした理由。それは、この映画の致命的な欠陥にある・・・。 [review] (茅ヶ崎まゆ子)[投票(8)]
★3人類の描かれない怪獣バトルゲーム。『ポケットモンスター』に成り下がったゴジラは終わるしかない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(7)]
★3遂に現れた、千葉真一の後継者。その名はドン・フライ。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(7)]
★2「マグロばっかり食ってやがった」あいつをヘコましてやるために。 [review] (水那岐)[投票(19)]
★2点数は低いけどテンションは高いぞ!コメント数300記念!さぁ声高に叫ぼう!「○%♪&@☆%*○〒♪#!!!」 [review] (ロボトミー)[投票(13)]
★2完全に脇役と化した怪獣たち、そしてストーリー性の薄いゲームチックな展開…。これでFINALでは、過去のゴジラたちも浮かばれまい。 [review] (ワトニイ)[投票(5)]
★2怪獣云々以前に、いきなりコメディ風オチャラケ音楽とおどけた演技が始まるがギャグもなくお寒い空気、これがいちばん破壊力ある。テレ東で観たが、もし当時劇場で観ていたら自分がどうなっていたことか、恐ろしい。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★1松岡昌宏に釣られて観賞。いくらゴジラが主役とはいえ松岡昌宏は主演なのに出番も台詞も少ないなあ…。司令官役のドン・フライの方が主役に見える。ジャニーズ使ってるんだから少しくらい強引でも松岡昌宏をメインで使わないとファンが納得しないよ。 [review] (HILO)[投票]
Ratings
5点7人*******
4点27人***************************
3点29人*****************************
2点13人*************
1点3人***
79人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ヒューマノイド宇宙人の系譜 (ジョー・チップ)[投票(16)]怪獣バカ一代 (荒馬大介)[投票(15)]
じんるい・ミーツ・エイリアン (アルシュ)[投票(11)]−地球侵略を描いたSF映画− (kawa)[投票(9)]
お気に入りバトルシーン (わっこ)[投票(2)]自由の女神 (verbal)[投票(2)]
DVD発売記念・誰よりも『宇宙からのメッセージ』を愛す (荒馬大介)[投票(2)]ツボコメント集・荒馬大介編 (荒馬大介)[投票]
Johnnys THE MOVIE (HILO)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ゴジラ FINAL WARS」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Godzilla: Final Wars」[Google|Yahoo!]