コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白 (2003/)

The Fog of War: Eleven Lessons from the Life of Robert S. McNamara

[Documentary]
製作総指揮ジョン・ケイメン / ジャック・レクナー / ロバート・メイ / フランク・シャーマ / ジョン・スロース
製作エロール・モリス / ジュリー・ビルソン・アールバーグ / マイケル・ウィリアムズ
監督エロール・モリス
撮影ロバート・チャペル / ピーター・ドナヒュー
音楽フィリップ・グラス
出演ロバート・マクナマラ
あらすじロバート・S・マクナマラ。ハーバード大助教授、米陸軍航空隊中佐からフォード社社長を経て、1960年にケネディ政権下で国防長官に就任。キューバ・ミサイル危機やベトナム戦争に関わる。そして2000年代、85歳(製作当時)になった彼・マクナマラは当時を回想し、戦争とともにあった自らの人生、そして国防長官としての経験をもとに「11の教訓」を挙げ、アメリカの進む道を提言する。アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞受賞作。[106分/カラー/アメリカンヴィスタ] (Yasu)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4こんなこと言う(元)政治家がいたなんて、アメリカもまだ捨てたもんじゃない。 [review] (カフカのすあま)[投票(1)]
★4ワタクシ的にはマイケル・ムーアのドキュメンタリーよりも断然こちらを評価したいところ。本作を観たからといって彼を「アメリカの良心」と単純に呼ぶことなどできないが、それでもアメリカという大国に複雑な感情を持つ日本国民として(いや、少なくとも私は)、何か救われたような気がしてならない。 (はっぴぃ・まにあ)[投票(1)]
★4研究者ならではの誠実さと、ときおり顔を出す国防長官として身につけてしまった狡猾さ。時代の要請で図らずも戦争加害の一翼を担ってしまった元統計学者は、自身が抱え込んだ矛盾に気づいているのか否か、マクナマラの秘めた苦悩が滲む。彼もまた戦争被害者なのだ。 (ぽんしゅう)[投票]
★4映画館じゃなくて、NHKでやるべきだろうな。 (━━━━)[投票]
★3その男のミドルネームは「ストレンジ」、数奇な彼の半生とアメリカの運命。 [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(2)]
★3この映画こそ霧の中。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(1)]
★3キャデラックのテールの美しさは只事ではない。 (黒魔羅)[投票]
★3Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb』 2004年10月28日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票]
★3現在のアメリカは過去から何一つ学んでなどいないということが、マクナマラの言葉から図らずも浮かび上がる。彼の教訓は示唆に富むものではあるが、「85歳にもなって今さら何を言い出すのか」という印象もないではない。[ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズ1/SRD] (Yasu)[投票]
Ratings
5点1人*
4点6人******
3点11人***********
2点1人*
1点0人
19人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ドキュメンタリー、100通りの真実を映す鏡 (Yasu)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Fog of War: Eleven Lessons from the Life of Robert S. McNamara」[Google|Yahoo!]