コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ヨーロッパ一九五一年 (1952/)

Europa '51

[Drama]
製作カルロ・ポンティ
監督ロベルト・ロッセリーニ
脚本ロベルト・ロッセリーニ / サンドロ・デ・フェオ / マリオ・パンヌンツィオ / イヴォ・ペリッリ / ブルネロ・ロンディ
原作ロベルト・ロッセリーニ
撮影アルド・トンティ
音楽レンツォ・ロッセリーニ
出演イングリッド・バーグマン / アレクサンダー・ノックス / エットーレ・ジャンニーニ / ジュリエッタ・マシーナ
あらすじ1951年戦後の伊。米の高級ブランド会社の駐在代表のジョージ氏(アレクサンダー・ノックス)の妻アイリーン(イングリッド・バーグマン)は、来客、パーティと忙しい毎日。1人息子のミッシェルが「話がある」と言っても、ろくに聞いていない。そんなミッシェルはある夜階段から自殺を図り、結局死んでしまう。衝撃を受けた彼女は寝込んでしまう。そして昔から彼女の気持ちを分かってくれていた親戚(左派新聞記者)アンドレに話を聞いてもらおうと、家を抜け出す。公園で彼は「戦争を起こす社会体制が悪い。貧困は戦争のせいだ」そして「社に投書が有ったんだ−夫婦と5人の子供の家庭だが、もうやっていけない。援けて欲しい−と」(まだ続きます) [more] (KEI)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4物語をどこに収束させるのかと思っていたら、中々スゴいオチでした。現実っぽくないし、力業とも感じる。しかし、戦後混乱社会のみならず、現代にもある社会矛盾を寓話的にとらえたと解せば大いに納得できる作品だ。 (KEI)[投票(1)]
★4バーグマンを現在の聖人として描くという企画。『イタリア旅行』の一年前の映画だが『イタリア旅行』のバーグマンが甚だオバサンに見えたのに対して本作ではまだまだ美しいと思える。 [review] (ゑぎ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点0人
2点0人
1点0人
3人平均 ★4.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ヨーロッパ一九五一年」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Europa '51」[Google|Yahoo!]