コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

バイオレント・サタデー (1983/)

The Osterman Weekend

[Thriller]
製作ピーター・S・デイヴィス / ウィリアム・N・パンツァー
監督サム・ペキンパー
脚本アラン・シャープ
原作ロバート・ラドラム
撮影ジョン・コキロン
音楽ラロ・シフリン
出演ルトガー・ハウアー / ジョン・ハート / クレイグ・T・ネルソン / デニス・ホッパー / クリス・サランドン / メグ・フォスター / ヘレン・シェイヴァー / キャシー・イエーツ / バート・ランカスター
あらすじ「真実とは、バレない嘘のことだ。」…舞台は現代アメリカ。KGBに妻を殺され復讐に燃えるFBI捜査員のファセット(ジョン・ハート)は、株屋のコードン(クリス・サランドン)、整形医のトリメイン(デニス・ホッパー)、そしてTVプロデューサーのオスターマン(クレイグ・T・ネルソン)ら3人がKGBのスパイ組織「オメガ」であることを突き止める。CIA長官ダンフォース(バート・ランカスター)の協力を得て、ファセットは彼らの大学の同窓で人気TVキャスターのタナー(ルトガー・ハウアー)を使い、彼らを一網打尽にする計画を実行するのだが…。サム・ペキンパー監督の遺作となったスパイサスペンス。(本篇99分) (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(1)]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「一度テレビドラマの演出を手がけてみたかったんです。スパイと殺しの絡んだね」 [review] (uyo)[投票(5)]
★4冷静に考えるとなにがしたっかたのかよう分からん作品だが、ペキンパーの遺作なんだなあと思って観ているとなんとも言えない気分になってしまい4点です。 (ハム)[投票(2)]
★4“shot”の応酬。暴力的な映像以前に、映像が暴力的な破壊と侵入であるということ。 [review] (煽尼采)[投票]
★3正直どういうお話かよく分からなかった。 (ドド)[投票(1)]
★3ペキンパーは最後までやっぱりペキンパーでした。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3クレイグ・T・ネルソンのキャラは失笑もの。無駄に力の入った演技がズレまくっててある意味凄い。かの巨匠ペキンパーの遺作はなんとコメディだったのである。 (SODOM)[投票]
★3「真実とはバレない嘘」…か。BGMが妙に安っぽく、まるでTVドラマのようだと思っていたら、なるほどこういうコトかと納得。ペキンパーの遺作だが、彼の「虚構」に対する告発は21世紀の今なお痛烈だ。「…My bet is …you can't do it. …Go ahead and try…」 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票]
★3ブレードランナー』で波に乗ったルトガー・ハウアーがニュースキャスターを演じた珍作。 (黒魔羅)[投票]
★2ペキンパーの被害妄想と繁栄の中で腐敗する市民への敵意が大暴走。世間と折り合うなどとは無縁の親父である。その孤立ぶりを象徴するかの如く十八番のモンタージュも見事に空転した。 ()[投票(1)]
★2ハートハウアーといったキャスティングは正解と思うが、乾いてクールな情感が肝のハイテクなスパイネタにローテク丸出しのベタな情感命の爺さんを起用して台無しにしてしまった。陳腐化したモンタージュもウンザリ感を倍加させる。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点17人*****************
2点9人*********
1点0人
31人平均 ★2.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
巨匠の遺作に名作なし? (ペペロンチーノ)[投票(37)]海外ミステリ作家150 (町田)[投票(15)]
スパイ映画大全 (AONI)[投票(12)]デヴィッド・サミュエル・ペキンパー (cinecine団)[投票(10)]
哀しいけれど、ここでまた会える! (mimiうさぎ)[投票(6)]曜日 de CINEMA! (いくけん)[投票(3)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「バイオレント・サタデー」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Osterman Weekend」[Google|Yahoo!]