コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

恋愛手帖 (1940/)

Kitty Foyle: The Natural History of a Woman

[Drama/Romance]
製作総指揮ハリー・E・エディントン
製作デビッド・ヘンプステッド
監督サム・ウッド
脚本ダルトン・トランボ / ドナルド・オグデン・スチュアート
原作クリストファー・モーリー
撮影ロバート・デ・グラス
美術ヴァン・ネスト・ポルグレス
音楽ロイ・ウェッブ
衣装レニー
特撮ヴァーノン・L・ウォーカー
出演ジンジャー・ロジャース / デニス・モーガン / ジェームズ・クレイグ / アーネスト・コサート / グラディス・クーパー / エドゥアルド・チャネッリ
あらすじ1900年以降米国各州で女性参政権が認められ、それと共に女性の社会進出が顕著になった。。主人公キティ・フォイル(ジンジャー・ロジャース)はそんな新しいタイプの女性だ。ニューヨーク。夕方。勤め先を出ると、マークが車で迎えに来ていた。「今から急患だ。お産なんだ」。マークは医者だ。そして、お産のドタバタ最中に、赤ん坊を抱いたキティを見て、彼は求婚する。キティもOK。その後、「前につき合っていた男とはどうなの?」「大丈夫よ」「じゃ、今夜12時病院で待ち合わそう。グレチナ・グリーン(地名?)だと結婚許可書をすぐにもらえるんだ」「分かったわ。でも今夜の夕食は?」「明日の朝まで無しだな」「ひどーい」(続きます) [more] (KEI)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4導入部がチンケな恋愛もの風で、期待しなかったが、段々と重さを増してきた。後で知ったが、ホンはトランボ。さすがに盛り上がらせる。ジンジャー・ロジャースも良かったが、このホンあっての事だろう。息子のあの泣かせるシーンが、つらい。 (KEI)[投票]
★3健気という言葉がふさわしい主人公キティ・フォイルを、ジンジャー・ロジャース が力強く演じている。当時のニューヨークのキャリア・ウーマンの生活がリアルに描写されているだろうことが想像される。1970年代以降生まれた女性映画の遥かな先駆作。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点3人***
2点0人
1点0人
4人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「恋愛手帖」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Kitty Foyle: The Natural History of a Woman」[Google|Yahoo!]