コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

突然炎のごとく (1962/)

Jules et Jim
Jules and Jim
突然炎のごとく ジュールとジム

[Drama/Romance]
監督フランソワ・トリュフォー
脚本フランソワ・トリュフォー / ジャン・グリュオー
原作アンリ・ピエール・ロシェ
撮影ラウール・クタール
音楽ジョルジュ・ドルリュー
出演ジャンヌ・モロー / オスカー・ウェルナー / アンリ・セール / マリー・デュボワ
あらすじヌーベル・バーグとかつて呼ばれたフランス映画の中でもゴダール『勝手にしやがれ』と並ぶ代表作。 20世紀初頭パリで小説家希望のオーストリア人青年オスカー・ウェルナーとフランス人新聞記者アンリ・セールが固い友情で結ばれる。お互いの文章を読んでは感動分かち、彫刻の趣味も一致するほど2人は趣味が似ていた。 そんなある日の午後の茶会で、2人が美しいと思った彫刻そのままの自由奔放な女性ジャンヌ・モローが現れる。大戦をはさんで数十年にも渡る奇妙な三角関係。なんと原作はこれが73才アンリ・ピエール・ロシェの処女作!ラウール・クタールの撮影、ジョルジュ・ドリューの音楽が美しい。初期フランソワ・トリフォーの傑作 (のこのこ)[投票]
Comments
全53 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5三角関係を三者対等に描いた最初の映画として映画史に燦然と残る名画。奔放な女とその半歩後ろをついて来る男たち。いずれも、映画のプロット進行の道具としての人間ではなく、揺らぎ、傷付き、惑う生き物としての人間そのものが描かれている。 [review] (ジェリー)[投票(2)]
★5「女の出ない映画はこよなく悲しいものだ」とトリュフォーは言ったという。 [review] (ナム太郎)[投票(2)]
★5トリュフォーの才能炸裂。こりゃぁ周りから嫉まれてもしかたないでしょうというくらい。こんな映画、他の誰に撮れるっていうの! [review] (tomcot)[投票(1)]
★5この自由さ。美しさ。愛の強さ。まだそのときの感動を覚えてる。男女の愛の姿をあらゆるところから照射した。めくるめく白い映像。限りなく映画史に影響を与え続けている。 (セント)[投票(1)]
★4カトリーヌってば・・・ [review] (ハイタカ)[投票(6)]
★4私にとってヌーベルバーグはゴダールよりトリュフォーだった [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★4一人の女優が、スクリーンの中で「伝説」となる瞬間。 [review] (くたー)[投票(4)]
★4この映画におけるジャンヌ・モローほど、女性の持っている本質的な不可解さを体現している存在はない。 (リーダー)[投票(1)]
★4私が見たフランソワ・トリュフォー作品の中で最も若々しく美しい。そしてジャンヌ・モローは息を呑むほど素晴らしい。私は、ズーミングという技法は映画的でないと思うのだが、この映画で使われるような素早いズーミングは鼻につかない。 (ゑぎ)[投票(1)]
★4酒や賭け事で一生を棒に振る人もいる。ジムはたまたまそれがある女(=ファムファタール)だった。だから、彼女のためなら何でもするし、そういう彼が彼女をファムファタールにしつづける。で、彼女はジュールを自分の神にしようとするが彼にはそれは耐えられない。これって、何かの原型だよね? (エピキュリアン)[投票(1)]
★4煩悶を受容する力は、男たちを自己憐憫との戦争へ放り込みかねない。自らを脅かし続ける徳風の偉容をかえって救っているのは、悲劇をぐずつかせない明るい冒険主義だと思う。 (disjunctive)[投票]
★320歳そこそこで観たときは大感動したのに、35 歳になった今観なおしてちょっとムカついた。観直すんじゃなかった。 (カフカのすあま)[投票(4)]
★3ヒロイン,自由奔放な恋愛観を持つ女性ってより,単なるわがまま女にしか見えず。ただ,映像は今見ても新鮮。 (ワトニイ)[投票(3)]
★3唯一「理解できた」やりとりは、次のとおりです→ [review] (ユリノキマリ)[投票(2)]
★3身勝手すぎるヒロインにうんざりしてしまって、映画としての素晴らしさを感じる余裕がなかった。昔観たときは結構良かった気がしたのに・・・。それにしても、オスカー・ウェルナーデヴィッド・ヘミングスってそっくりですよね? (味噌漬の味)[投票(1)]
★3こういう狂おしさって、空虚な心を埋めたくて埋めたくて仕方がないことと表裏一体に思える。 [review] (なつめ)[投票(1)]
★3「神保町」をホームとする男性と、「渋谷」を彷徨く女性とでは接点があるはずがない。ジャンヌ・モローだけで持っているが、それなら『エヴァの匂い』の方がずっとおもしろい。 (ビビビ)[投票(1)]
★3風と共に去りぬ』のスカーレットを理解出来ない人は観るのやめとくべき。イライラする。オープニングのテンションはなんだったんだ…。63/100 (たろ)[投票]
★2表面ばかりなぞった印象で(過剰なナレーションの為でもあるだろう)キャラの感情が感じられません。おまけにオスカー・ウェルナーを筆頭に皆なよなよなよなよしていて気持ち悪いや。 (24)[投票(2)]
★2印象としては薄い作品。借りてきたビデオの邦題を見て、うちの妻が「消防士の映画?」と言ったことは、鮮烈に覚えている。ジュールとジムはどう見ても消防士には見えないな。 (大魔人)[投票(2)]
★1ヌーヴェルヴァーグの双璧、撃沈。 [review] ()[投票(3)]
Ratings
5点28人****************************
4点57人*********************************************************
3点57人*********************************************************
2点14人**************
1点7人*******
163人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山拾得)[投票(10)]偶然?同じ邦題(タイトル)になった映画たち (いくけん)[投票(9)]
渚にまつわるエトセトラ (けにろん)[投票(8)]<極私的POV>実は見た目と違うんです (くたー)[投票(4)]
映画の中の自転車たち (立秋)[投票(4)]第2位の歴史 外国映画篇 (ナム太郎)[投票(4)]
つけヒゲが印象的な映画 (アリ探し)[投票(3)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「突然炎のごとく」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Jules and Jim」[Google|Yahoo!]