コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ニコライとアレクサンドラ (1971/)

Nicholas And Alexandra

[Drama]
製作サム・スピーゲル
監督フランクリン・J・シャフナー
脚本ジェームズ・ゴールドマン
原作ロバート・K・マッシー
撮影フレディ・A・ヤング
美術ジョン・ボックス
音楽リチャード・ロドニー・ベネット
衣装イヴォンヌ・ブレイク / アントニオ・カスティーリョ
出演マイケル・ジェイストン / ジャネット・サズマン / ハリー・アンドリュース / トム・ベイカー / モーリス・デナム / ジャック・ホーキンス / イアン・ホルム / ティモシー・ウェスト / クルト・ユルゲンス / マイケル・レッドグレイヴ / ジョン・マッケナリー / マイケル・ブライアン / ブライアン・コックス / アイリーン・ワース / ローレンス・オリヴィエ / スティーヴン・バーコフ / ガイ・ロルフ / エリック・ポーター
あらすじ1904年8月[映画では日付表示なし]ロシアロマノフ王家のニコライ2世皇帝は、皇后アレクサンドラの出産を待ちわびていた。4人の子供がいたが、すべて女子。そして、今回生まれた子は男子だった。普通の夫婦と同じように喜び、優しい人になるようにと優しかった皇帝の名を付け、アレクセイとした。彼が生来血友病だと分かるのはもう少し後だ。その頃ロシアは同年2月より日本と戦争[日露戦争]をしていた。旅順で長引く苦戦を強いられて、財務大臣ウィッテ[のちに首相]は、再三皇帝に提言をしていた―「この戦争は不凍港の確保の為ですが、それよりも今国民生活がひっ迫し、暴動が起きかねない状態。戦争は即刻止めるべきです」(まだまだ続きます) [more] (KEI)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4本作はロシアの歴史、又ロマノフ王家を描くというより、ロマノフ一家を描いている。その中でニコライは全く普通の夫、父親で、そのまま普通の王だった。だからこの激動期には、その荷が勝ち過ぎていたのだろう。そういう意味で、普通の私は、彼に共感出来た。 (KEI)[投票]
★3日露戦争や第1次世界大戦の顛末が描かれなかったのは、皇帝ニコライに焦点を当てるためか?それならば、幼少期からの彼を描くべきだった。歴史モノとしても伝記モノとしても、あと1歩の出来ばえ。しかし、『ラストエンペラー』よりも切なさが強く心に残る。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
★3古今東西にわたって、政情不安になると怪しい宗教家が現れるものでして。 いやはや、ラスト・エンペラーって辛いねー。 (AONI)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点7人*******
2点1人*
1点0人
9人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ニコライとアレクサンドラ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Nicholas And Alexandra」[Google|Yahoo!]