コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

あゝひめゆりの塔 (1968/)

[Drama/War]
監督舛田利雄
脚本八木保太郎 / 若井基成 / 石森史郎
撮影横山実
美術木村威夫
音楽真鍋理一郎
出演吉永小百合 / 浜田光夫 / 和泉雅子 / 乙羽信子 / 二谷英明 / 小高雄二 / 郷えい治 / 藤竜也 / 和田浩治 / 森塚敏 / 太田雅子 / 青木義朗 / 高品格 / 東野英治郎
あらすじ日本の最終防衛線たるサイパン島が陥落する頃、教師を目指す与那嶺和子(吉永小百合)は沖縄の女学生として勉学にいそしむ日々を送っていた。だが沖縄を含む日本全土が空襲の標的になるにあたり、学童を伴って本土に疎開せんとしていた教師である和子の母は敵襲で命を落とした。そして米軍の沖縄上陸が始まる。護国の鬼と化した沖縄防衛の兵士たちを看護すべく学校を去った和子たちだったが、戦況の悪化とともにひとり、また一人と若い命を散らしてゆくのだった。〔日活・125分・モノクロ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4爆撃が止むとさっきまでのようにキャッキャッと笑い出す女生徒たち。また爆撃、そして笑い声。悲痛な出来事は異常時のことと思う(→信じる→願う)から日常へ帰ろうとする。波のように繰り返す明暗が痛ましい。 [review] (おーい粗茶)[投票(4)]
★4冒頭「現代の若者たち」がサイケな衣裳で踊り狂う。戦後生まれの日本人が初めて自由を謳歌したこの時期、冷水を浴びせかけるかの如く「たった」23年前を思い出させる。 [review] (sawa:38)[投票(3)]
★4役者がみんな誠実に取り組んでいるのが伝わってくるのがいい。 [review] (寒山)[投票(2)]
★4悲惨なシーンの合間に吉永小百合のくるくると変わる表情が現われ、ほっと息をつかせてくれるが、戦争とはその表情をこの世から抹殺してゆくものだと強く感じる。 (水那岐)[投票(2)]
★4「ひめゆり」物では最も強く現代へ訴えかける。職人監督舛田利雄の渾身の一作かもしれない [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★4他の作品はすべてかつてに観た。ゆえにこの作品が私が観た、現段階での「ファイナルひめゆりモノ」となりました。 [review] (takud-osaka)[投票]
★3乙女気分横溢の前半が良い。そこに「対馬丸」の悲劇を挿入して戦火の切迫を巧みに構成している。しかし、今井版と同期する後半は力は入ってはいるが所詮はステロタイプとなり且つダラダラ長い。描写を乙女に絞って刈り込むべきだった。 (けにろん)[投票]
★2ヒロインは実によく歌い、そして泣く。歌は公開当時の時代が求めた観客への映画的サービスだとしても、感情の発露である泣きは作品の根幹にかかわる重要なもののはずだ。吉永小百合をはじめとする乙女たちの涙には、撮る者としての意味が必要なはずなのだが。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
Ratings
5点0人
4点7人*******
3点3人***
2点3人***
1点0人
13人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
堂々?日本史 (アルシュ)[投票(15)]第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]
Links
検索「あゝひめゆりの塔」[Google|Yahoo!(J)|goo]