コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

赤目四十八瀧心中未遂 (2003/)

Akame 48 Waterfalls

[Drama/Romance]
製作河津秋敏 / 石川富康 / 村山治 / 橘秀仁
監督荒戸源次郎
脚本鈴木棟也
原作車谷長吉
撮影笠松則通
美術金勝浩一
音楽千野秀一
衣装宮本まさ江
出演大西滝次郎 / 寺島しのぶ / 新井浩文 / 大楽源太 / 大森南朋 / 榎田貴斗 / 大村琉珀 / 沖山秀子 / 内田春菊 / 絵沢萠子 / 牧口元美 / 上杉幸子 / 森下能幸 / 金子清文 / 秋山道男 / 麿赤兒 / 渡辺謙作 / 赤井英和 / 大楠道代 / 内田裕也
あらすじ東京、釜ヶ崎、そして尼崎。人生を捨て自ら堕ちることを選んだ生島〈大西滝次郎〉は、焼き鳥屋の勢子姐さん〈大楠道代〉に臓物をさばき串に指す仕事あてがわれ、路地裏のアパートの四畳半で飼われるように暮らし始める。娼婦達〈沖山秀子絵沢萌子内田春菊〉が隣室で客をとり、不気味な凄みを漂わせる刺青師・彫眉〈内田裕也〉のもとをヤクザが訪れ、服役中の凶暴な兄〈大楽源太〉を持つ謎の女・綾〈寺島しのぶ〉が暮らす街。その住人たちは、部屋にこもり来る日も来る日も臓物に手を汚し作業に没頭する生島を、無関心を装いながら実はじっと見ていた。車谷長吉直木賞作品の映画化。〈159分/ワイド) [more] (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全30 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「考えはしたが何もしなかった」これだけでスコーンと一発。体ごと持っていかれた。スクリーンの中に。アマガサキのあのアパートの一室に。 [review] (町田)[投票(6)]
★5どれだけ時間がたっても、この映画が作り出していた空間を忘れられない。丁寧で奇妙な現実感を作り出した銀幕には、生きている者と死んでいる者が住む世界の入り口があった。心地よく甘美な緊張感を強いる上映時間。 (ALPACA)[投票(2)]
★5堕ちることが使命であるかのように負の方向に向かう大西滝次郎の強い目の光。黄泉との境界を越えまいとふらふらと揺れる寺島しのぶの身のこなし。大楠道代が、内田裕也が、新井浩文が、人が人として存在する重さと悲しみを体現する。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★5ダメ男とダメ女が出会う奇跡の物語。 [review] (まー)[投票(1)]
★4無骨とも言える骨太な話法に惹かれる。文学崩れの青年の厭世観がそのフィルターを通して構築された異世界「尼」から拒絶される前半は痛い位に納得性があるが、寺島しのぶに絞っていく後半ではそのフィルターが邪魔。取っ払ってのめり込んで欲しかった。 (けにろん)[投票(4)]
★4綾さんの独り言〜夜行列車で〜。(しっかりネタばれです) [review] (KEI)[投票(1)]
★4濃い。 (SUM)[投票(1)]
★4寺島しのぶは主演女優賞に値する女優であり演技力も姿態も一流ですね・・・。 [review] (RED DANCER)[投票(1)]
★4夢うつつ。[シネマ下北沢] [review] (Yasu)[投票(1)]
★4世捨て人(本人はそう思っている)から見た蠢く底辺の生き様。理解しているようで、驚いているようにも見える。ある意味では覗きにも思える。けれども、彼は釜が崎では何を体得して来たのだろう。そこが疑問。所詮ここで生きる人ではないと、また逃げる。 [review] (セント)[投票(1)]
★4中盤まで、ぐっと引き込まれましたねえ。竹串を指に刺したら痛そうだし、、、。道行も白いワンピースが映えてよかったけど、抜けられないもどかしさがなかったなあ。尼から抜けられない人たち、抜ける人、別世界に行く人、、、、。 (動物園のクマ)[投票]
★3DirectorがproduceするのとProducerがdirectするのは訳が違う [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★3好きな原作の映画化で、期待していたのに残念な出来。前半の尼崎不人情はオールロケでみせるが、肝心の道行きに何故か知らんが『ツィゴイネルワイゼン』みたいな趣味的なモダニズムが混入され、感動はどこにも収斂せず拡散していった。 (寒山)[投票(1)]
★3路地裏を漂う生ぬるいどぶ臭さも、綾の安おしろいのにおいも、油照りする下宿のかび臭さも、過不足なく表現した描写の冴えは言わずもがな、カット割りにいたっては神業に近いものを感じるが、エンディングの結末の付け方を始めとしてやや生硬さがちらつく点が実に惜しい。 (ジェリー)[投票(1)]
★3159分は長すぎ。 大西滝次郎が悪いわけではないが(かといって良いわけでもない)、アマという苦界に身を沈める男の役に、ギラギラした新人俳優を起用するのはいかがなものか。 寺島しのぶの意気込みと熱演は買うが、そもそも彼女は原作のアヤちゃんってぇガラじゃない。 内田裕也に至っては・・・。 (木魚のおと)[投票(1)]
★3小さなぼろいアパートで展開される恋模様。 [review] (chokobo)[投票]
★3寺島しのぶに比べ、なんとまぁ魅力のない主役……。原作の面白いけどムカつく感じは、映画でもよく出ていた。ただ、「堕ち切れなさ」の描写は、活字でのみ可能な世界なのかも知れないとも思った。要するには太宰の「人間失格」と同じ発想だけど。 (ツベルクリン)[投票]
★3新井浩文は、屋台でこの映画の監督の荒戸源次郎とケンカになりそうになったのがキッカケでデビューしたそうです(だからどうした 2004年3月21日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票]
★2一軒の串焼き屋の背後に、いったい何人の彼が控えているのだろう?と考えると、うそ寒い物を感じ・・・、昼は眠れなくなった(←それ普通だし)。 (G31)[投票(1)]
★2ニートが考えた引きこもり英雄物語@オレサマ脳内。って言うか、タイトルのせいでちっとも心配しないし! [review] (ボイス母)[投票(1)]
★2期待して観賞したが「つまらんっ」と僕の中の大滝秀治が激しく否定。余りにも創り込まれた空間が、逆に僕の中では違和感を生んだ。もう少し僕が(年齢的に)幼い時に観ていたら妖艶な寺島しのぶの存在感が強烈に印象に残ったかもしれない。 (IN4MATION)[投票(1)]
★2寺島しのぶの死を想う目はすごいし、下手くそな大西滝次郎だってセクシーだ。でも、作り手を思うと、どうも勘違いしてる節がある。 (kenichi)[投票]
★2前半、ぐいぐいといい雰囲気だったのに・・・ 同時期の『ヴァイブレータ』の方が、面白かったです。 (ぱちーの)[投票]
Ratings
5点8人********
4点16人****************
3点16人****************
2点10人**********
1点0人
50人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
直木賞受賞小説映画化作品大全集 (町田)[投票(14)]映画で日本の旅をする (TOBBY)[投票(11)]
ブルーリボン賞助演女優賞 受賞者一覧 (寒山)[投票(2)]―モラトリアム人間は汽車に乗り込む― (町田)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「赤目四十八瀧心中未遂」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Akame 48 Waterfalls」[Google|Yahoo!]