コメンテータ
ランキング
HELP

「ジャッキー・チェン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

ラッシュアワー(1998/米) ヤング・マスター 師弟出馬(1980/香港) ドランクモンキー 酔拳(1978/香港) 酔拳2(1994/香港) ポリス・ストーリー 香港国際警察(1985/香港) ポリス・ストーリー2 九龍の眼(1988/香港) ポリス・ストーリー3(1992/香港) スパルタンX(1984/香港) レッド・ブロンクス(1995/香港) プロジェクトA(1984/香港) プロジェクトA2 史上最大の標的(1987/香港) 少林寺木人拳(1977/香港) WHO AM I?(1998/香港) 拳精(1978/香港) スネーキーモンキー 蛇拳(1976/香港) 七福星(1985/香港) クレージー・モンキー/笑拳(1978/香港) サンダーアーム 龍兄虎弟(1986/香港) 五福星(1983/香港) ファイナル・プロジェクト(1996/豪=香港=露=米)が好きな人ファンを表示する

アウトブレイク(1995/米)************

★4多少映画ならではのあざとさは目につくものの、ウィルスの怖さは十分に伝わりました。息をしてるだけでも死ぬ可能性が…ううう怖っ。そういやこの前映画館でやたら咳をしてる奴が…ううう怖っ。 (takamari)[投票]
★3面白い話だった。あの宇宙服みたいなのを着た人がぞろぞろ出てくると、どうも子供の頃苦手だったETのシーンを思い出す。あれが怖かった。 (peacefullife)[投票]
★4結構ハラハラした。ウィルスは怖いね〜。 (マス)[投票]
★3炭疽菌事件の様に、起きても不思議ではない話である。それだけにリアルで、背筋が寒くなる様な怖さを覚えた。ただ、アクションや恋愛など余計なものを詰め込み過ぎて、肝心のテーマ(細菌兵器とそれを扱う人間の危険性)が、ぼやけてしまったのが少し残念だ。 [review] (Pino☆)[投票(6)]
★3自己保身に走る上司、離婚したおんなとおとこ、紋切り型すぎて笑えた。免疫学の紋切り型も勉強しようね。 (ハム)[投票]
★3あれ?これって続編の方が15年も前に作られてるぞ。しかも日本で。 [review] (甘崎庵)[投票]
★2落ち度のない被害者の大量死の傍らで、夫婦の復縁描かれてもねえ・・・まあ、娯楽だと思えばいいんだろうけど (kiona)[投票(2)]
★4「この映画、日本じゃ成立しないでしょうね。」by Ribotさん [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★5LEVEL-5という部屋を覗いてみたい。そこには… [review] (どらら2000)[投票]
★3スケールの大きな事件なのに、緊張感が今ひとつ足りない。それなりにウィルスの恐怖は伝わってきたけど(映画館のシーンが良い)、”見えない恐怖”の描き方が若干ヘタ。豪華な俳優陣はなかなか見応えあり。 [review] (Ryu-Zen)[投票]
★3目に見えない病原菌の恐怖と、アメリカ軍部からの圧力。二重の仕掛けによる板挟み構造が映画全体に緊迫感を与え、観客を飽きさせない。娯楽映画としては上々の出来。 (FreeSize)[投票]
★5映画館で観なくて良かった。 [review] (中世・日根野荘園)[投票]
★3途中までは結構面白かったのだが・・・。あの解決編はがっくりきてしまいました。 (Touch)[投票]
★2ストーリよりも何よりも、ダスティン・ホフマンとモーガン・フリーマンが何故この映画に出ようと思ったのかのかが大いに不思議。 (ごう)[投票(4)]
★3最初のドカンだけ。 (黒魔羅)[投票(2)]
★4良い意味でとてもハリウッド的な作品。このレベルで作りつづけてくれれば、ハリウッド産もまんざらでは無いんだけど。目新しくなくてもね。 ()[投票]
★3ハリウッドだなぁ、と何回か思った。実はこのときのケビン・スペイシーがかなり好き。 (HAL9000)[投票]
★3内容全然知らずに見たせいか、おもしろかった (pako)[投票]
★5ウィルス映画の最高傑作。初心者にも簡単に理解出来る典型的なハリウッド映画。キャスティングが地味なので話題性に欠けるのが唯一の難点。 (HILO)[投票]
★3前半のサスペンスはけっこう良かったのに、後半普通のアクション映画になってしまった。 (地球発)[投票(1)]