コメンテータ
ランキング
HELP

「ジャン・リュック・ゴダール」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

右側に気をつけろ(1987/仏) ヌーヴェルヴァーグ(1990/スイス=仏) 軽蔑(1963/仏) 女は女である(1961/仏) 女と男のいる舗道(1962/仏) ゴダールの決別(1993/スイス=仏) ゴダールの新ドイツ零年(1991/仏) 中国女(1967/仏) アルファヴィル(1965/仏=伊) ウィークエンド(1967/仏=伊) 男性・女性(1966/仏) パッション(1982/スイス=仏) ベトナムから遠く離れて(1967/仏) ゴダールの映画史 第1章すべての歴史/第2章単独の歴史(1989/仏) 気狂いピエロ(1965/仏) 勝手にしやがれ(1959/仏) ゴダールの探偵(1985/仏) ゴダールのマリア(1984/英=スイス=仏) カルメンという名の女(1983/仏) 彼女について私が知っている二、三の事柄(1966/仏)が好きな人ファンを表示する

生きてるものはいないのか(2011/日)************

★4知らなければ20代前半の監督だと言われても疑問に思わない程若々しい。絶妙に空疎さを保つ台詞の応酬。真剣なのかギャグなのか判別付かぬ素晴らしい異化効果の数々。特にあの歌には笑った。世界の終末はこんな風に状況を把握できないまま訪れるのではないか。 (赤い戦車)[投票]
★3その思い切りの清々しさ。 [review] (ハイタカ)[投票(1)]